人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

踏ん張りどころ

踏ん張りどころ_a0259130_2235367.jpg

延長11回裏、ジャイアンツ亀井の打球は無情にもライトスタンドへ・・・ベイスターズ、無念の敗戦。

が、あさってからは今シーズン苦手としているタイガース戦。ここが、踏ん張りどころ!!ガンバレ、横浜ベイスターズ!!
by AKIO_TAKE | 2014-07-31 00:05 | unclass

ゴミとして処分可能

"使用済み核燃料ゴミとして処分可能"というニュースを先週25日、NHKが放送しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140725/k10013298141000.html

確か、電力会社は使用済み核燃料をバランスシート上では資源として再利用するので「資産」として扱っていたはず。その資産を日本原子力研究開発機構が単なるゴミとしての処分を検討し、技術的には可能であるという報告書案の存在を知らせるニュースでした。

帳簿上「資産」としているものを原発ゼロとなれば「ゴミ」、つまり資産価値を失い、債務超過に陥り、倒産の危機にさらされる。それは避けなればと、原発の再稼働を急いでいたのではないか。原発の再稼働の必要性についてはいろいろとあるのでしょうけれど、かつて廃棄物の仕事に従事した者として、そんな視点で再稼働の是非に関心を寄せていました。

その資産をゴミにする・・・電気料金を継続的に値上げしていくのか、それとも他の税金やなにかしらの名目などで徴収される可能性があるのか。

また、放射性廃棄物と表現せず、口語的に「ゴミ」と表現しているのがとても気になる。「放射性」と表記すれば「危険」なのものと連想されてしまう。それを回避するために、単にフツーのゴミであると認識させるような誘導語句だとすれば極めて危険な用い方だと思います。

とりあえず各地の原子力発電所に保管されて冷やされた後、再処理工場へ運ばれ、まだ使えるウランと、核分裂の過提で生まれたプルトニウム、それに核のゴミ(高レベル放射性廃棄物)に分けられる使用済み核燃料を、どんなゴミとして、どのような処分を検討しているのか。平成30年に最終報告書が取りまとめられるとのこと・・・またひとつ、気になるニュースが増えました。
by AKIO_TAKE | 2014-07-30 00:22 | 環境

7月も、あと3日

7月も、あと3日_a0259130_8392244.jpg


三日月の朝、きょうも夏日となりそうです。水分補給は、はやめに・・・

7月も、あと3日_a0259130_8412647.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-07-29 08:41 | unclass

警戒? それとも・・

警戒? それとも・・_a0259130_23421270.jpg

10日ほど前にも投稿しましたが、最近、ピタッと静止してこちらを(たぶん)見ている蝶に出会います。朝陽を浴びていたときは、ゴールドバタフライ?!と思わせるようにキラキラと優雅に舞っていました。

こっちを見ているのは好意なのか、はたまた、警戒しているのか・・・いずれにせよ、早朝散歩のたのしい一瞬です。
by AKIO_TAKE | 2014-07-28 23:46 | look/gaze

猛暑日の撮影会

梅雨明け後の猛暑日となった7月26日、事業所や家庭から発生する缶、びん、ペットボトル、古紙、発泡スチロール等をリサイクルできるものとできないものに分ける施設で撮影会を開催。

参加者のみなさんも小学校の時にリサイクルの施設見学をしたそうです。でも、中学生、高校生になって足を踏み入れるリアルな現場、さらに、普段はなかなか立ち入ることのできない場所にも入り、シャッターを押したり説明を聞いたりしたので、よりリサイクル現場の深層に迫りながら、レンズを向けていた姿が印象的でした。
猛暑日の撮影会_a0259130_227151.jpg


また、今年は初の試みとして、写真家として活躍する方や写真の専門学校生も参加する撮影会にしてみました。ちょっとした一言でも被写体へのアプローチは変わるようです。「働いている人達は進んで自分の目の前のこと、やらなきゃいけないことをやっていたのですごいと思いました」「どんな仕事にも責任持って取り組む」といった感想が、どのような環境メッセージとしての作品に仕上がるか、いまから楽しみです。
猛暑日の撮影会_a0259130_22142111.jpg

最後になりましたが、お忙しい中、撮影会の会場として利用させていただいた、(有)ビッグサービス様 ありがとうございました。
次回は、8月6日(水)です。気軽に参加できる撮影会です。中高生のお知り合いの方がいらっしゃいましたら、お声掛けしてください。よろしくお願いします。
くわしくは → http://kankyo-design.org/event
猛暑日の撮影会_a0259130_22121613.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-07-27 22:15 | かんきょうデザインプロジェクト

夏真っ盛りですね!!

夏真っ盛りですね!!_a0259130_22565117.jpg

きょうも暑い一日でしたねぇ~ 熱中症で搬送された方も多かったようです、あすも35度を超えそうな天気予報です。こまめな水分補給を忘れずに。

日中はリサイクル施設での撮影会をしていました。その様子はあす投稿します。

夏真っ盛りですね!!_a0259130_22595535.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-07-26 22:59 | unclass
身近な環境問題への関心や理解を深めていただけるように、分かりやすく、環境にやさしい生活を考えるきっかけとなるようにと開催した「かんきょうセミナー2014」。4回シリーズの夏の陣を、昨日の「食べられるのに捨てられる食料はどこへ行く?~食品リサイクルのいまを探る」をもっていったん終了。

時に、中国の食品加工会社による使用期限切れの鶏肉出荷問題と重なったこともあり、質問も今まで以上に活発で、アンケートからも食の安全に対する関心、意識の高さが窺えるセミナーとなりました。

このシリーズでは、4回すべてに参加くださった方や町内の環境推進委員としてセミナー内容をA4 2枚ほどにまとめていただき、町内のみなさんに配布してくださるなど、主催者として感謝に溢れる1ケ月のセミナーでした。一方で、各回それぞれに課題も多く見つかりましたので、きちんと修正して次回に活かしたいと思います。

ことしは秋または冬の陣としても開催できるようにしたいと考えています。取り上げてほしいテーマなどがありましたら遠慮なく、お知らせください。

今回は参加者の感想(抜粋)を以下に掲載します。
■ とても、分かり易い説明で理解しやすかった。もっと多くの方にこのようなセミナーを実施していってほしい。(20代 男性)
■ 食品残渣の飼料化というものが、こんなに科学的なものとは知りませんでした。(70代 女性)
■ 3社それぞれのやり方、説明が非常に分かり易く、食品の大切さが分かりました。(排出する場所から工場までの)食品の運ばれ方、分別の仕方など、知らないことも多く、たくさんの方法を学べました。堆肥と土の割合なども知れて関心を引きました。(30代 女性)
■ もう少し基本的な食品ロス削減の話を期待していたので少しがっかりした。各社の取組はそれなりに評価できると思います。10数年前に「生ごみリサイクル」を勉強していたころを思い出しました。こんな生活は長続きしない。もっとそれ以前に廃棄物を減らす取り組み、環境学習の大切さを感じます。(50代 女性)
■ 具体的な事例でしたのでイメージしやすく、説明の方々も丁寧にされて、分かり易かったです。しかし、食品ロスの多さには驚きました。国民全体で意識して、食品ロスを減らす行動が必要だと思いました。(40代 男性)
かんきょうセミナー2014 7月24日_a0259130_224385.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-07-25 22:03 | かんきょうデザインプロジェクト

飽食

いよいよ、あすの開催です。
かんきょうセミナー第4回「食べられるのに捨てられる食料はどこへ行く?~食品リサイクルのいまを探る」

食品関連事業者から排出される余剰食品、手つかず食品のリサイクル事業を展開する3社(肥料化1社、飼料化2社)が現状をプレゼンテーションする、滅多にない機会です。残席あり・・・お聴き逃しなく!!

【 開催場所等 / 申し込み方法 】

開催時間 : 19時~20時30分
会   場 : さくらWORKS<関内> 横浜市中区相生町3-61 泰正ビル2階    
         JR根岸線関内駅北口徒歩5分
参 加 費 : 1,000円/ 1 講座 (中高生は無料)  
申込方法 : お名前・性別・連絡の取れる電話番号・参加希望日(複数日 可)をメールにてお申し込みください。
申込メールアドレス : info@kankyo-design.org
by AKIO_TAKE | 2014-07-23 22:53 | unclass

関東甲信 梅雨明け

そういえば、思い出した・・・

2週間ほど前、中学校の校長先生の印象的な一言
「あと、10年もしたらいまの職業の半分はどうなっているか、わかりませんね」

とても印象的だったので、いろいろと調べていたらこんな記事に当たりました。

「米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソンさんの研究が発表され、そこには「米国で2011年度に入学した小学生の65%は、大学卒業時、今は存在していない職に就くだろう」というもの。
これはアメリカを対象とした予測なのですが、日本でも10年前には無かった仕事がいまはたくさん存在していますね。

ちょうど長男も就活を終え、来年からは社会人一年生。もしかしたら、いまの若い人たちは一生のうち何度も、職と職場を変えざるを得ない職業人生を送らざるを得ないのかもしれません。そういう私だっていまの仕事の10年後は予測不可です。厳しい世の中ですが、今はない仕事につける時代に生まれたっていうのは、それだけで心躍ることと捉えて、長男に負けないように残りの人生を送りたいものです。

さて、関東は梅雨が明けました!!夏本番ですね。体調に留意して暑い夏を乗り切りましょう。
関東甲信 梅雨明け_a0259130_1849213.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-07-22 18:48 | look/gaze

機能不全

機能不全_a0259130_22195986.jpg

来年4月に任期満了を迎えることもあり、横浜も市会議員さんのポスターが目につくようになってきましたね。そんな中、定数20名のうち、15名の逮捕者をだした青森県平川市の補欠選挙がはじまったようです。

報道番組を拝見していても、平川市民と横浜市民では市会議員との距離感がだいぶ異なることが窺えます。その距離間を認識しながらですが、平川市もあと1年足らずの来年7月には市会議員の任期満了を迎えます。

欠員が生じたら法律で補欠選挙を実施することになっていますが、議員が定数いなければ市民生活は機能不全になるのでしょうか・・・あと1年足らずです。
遠い青森県のことなので事情わからぬままの投稿で恐縮ですが、横浜で暮らしていても仕事や生活の環境が変わると、市会議員さんはじめ、県会議員さんにしろ、国会議員の先生にしろ、接点は皆無でも、暮らしぶりにはなんら支障をきたすことはありません。

むしろ、街で偶然会って「なにか、困っていることがあったらなんでも相談してください」と言われ、「では」ということでいろいろとお話ししても・・・私の場合は、その後無しのつぶて、という、なんとも炭酸の抜けたコーラを飲まされたような徒労感に襲われたりします。

15名が不正しているわけですから、今回のような場合は特例で任期満了まで補欠選挙なんかやらずに、そのまま議会や市政運営をやってみるのもいいんじゃないでしょうか。。。インタビューを受けていたベテラン議員さんの他人事のような謝罪を聞いていると、平川市民の方には申し訳ないですが、そんな風に思います。
by AKIO_TAKE | 2014-07-21 22:50 | look/gaze