人気ブログランキング |

<   2014年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

気がつけば23時を回っている・・・

というこで、資料(パワポ)作成を一時中断してブログの投稿。
10月16日は世界のひとり一人が協力しあい、最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的とする「世界食料デー」で、1981に世界共通の日として制定されました。

明後日の10月2日、横浜市内の高校で「毎日 食べられるのはなぜ?」のタイトルで授業させていただくので、パワポを作成しています。折しも、世界の食糧問題を考える月間がスタートしてすぐの授業です。高校生と一緒に、日常の中から未来を描く行動とは、を探していきたいと思います。
あたりまえを考える/「食べる」編_a0259130_23223864.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-30 23:22 | かんきょうデザインプロジェクト

イベントシーズン

イベントシーズン_a0259130_20524518.jpg

まもなく10月・・

イベントシーズンになりましたね~ 
さて、ガラスびんの利用促進プロジェクト、ことしは何をしましょうか・・・10月最終週に出展するのに、いまだブースの詳細が確定していない!!

そうは言いつつ、基本路線はだいたい決まっていて、明後日あたりから、びんを使ってシミュレーションに着手することにしていますが、全体テーマや伝えるべきことが、イマイチあいまいな状態。そんな状況ながら、フロントエンドには酒蓋のコマでもやろうかと、さっき、近所の酒屋さんに行って酒蓋をGET。もちろん、酒屋さんには声かけましたよ。

自分の持っている酒蓋で相手の酒蓋をひっくり返すと勝ちというメンコもいいなと思いましたが、昔の酒蓋はワインのようにコルクがつかわれていて、ナイフで切ったり、マンホールの穴に突っ込んで蹴っ飛ばして王冠だけにしてましたが、いまはプラスチックだから王冠だけにするのが大変そう・・・。

なんか、コマならできそうかな。ぼちぼち、つくってみましょう。
イベントシーズン_a0259130_21184379.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-29 21:19 | work

無形の財産

友人が「取引先を応援したいから、ちょっと付き合ってよ」と誘われ、やってきたのは場外馬券場。取引先の会社が馬主で、良い成績をおさめられると菊花賞に出走できるトライアルレースの参加するとのこと。そんな訳で場外で応援をすることに。
無形の財産_a0259130_23201461.jpg

とは言え、場外にの中に入ることも、競馬場に行ったこともなければ、馬券を買ったこともない私と、そんな私とほぼ似たような経験しか持っていない友人ですから、勇んで場外馬券場に到着したものの、はて、券の購入方法から、買い方まで、単勝はわかるが、枠連ってなに?、3連複ってなによ?と、まるでおのぼりさん状態。

事前にJRAのウェブサイトで調べたり場外に向かう際に路上で詳細なレース予想新聞を売っているおじさんに聞いてみたり、結局はJRAの案内カウンターの女性に丁寧な手ほどきをうけながら無事に券を購入・・・
(強風が吹いていたこともあり、予想新聞の看板が風で煽られ、倒れるので、立て直しついでにいろいろと教えてもらっちゃいました)

で、払戻はふたり合わせて600円・・・的中率はガッカリな結果でしたが、初体験後は仕事や生活のこれからを語り合う時間となり、あらためて友人は無形の財産だなぁとかみしめた一日となりました。
無形の財産_a0259130_23474728.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-28 23:55 | unclass

作品展 in 宮ケ瀬

きょうから10月13日(祝・月)まで、水と緑に囲まれた宮ケ瀬湖に位置する店舗で、昨年までのかんきょう「組写」フォトコンテストから選出した作品展を開催するため、作品搬入と設営をしてきました。穏やかな陽気に誘われて、カラフルなウェアで滑走する自転車愛好家さんたちが大勢いらっしゃいました。

深まる秋に穏やかな空間から高校生の環境メッセージを発信します!!宮ケ瀬を訪れる機会がございましたら、ぜひ、お立ち寄りください。

展示期間 9月27日(土)~10月13日(祝・月)
展示場所 アートスタジオ&ティーハウス ルート宮ケ瀬64  http://route-miyagase64.jimdo.com/

作品展 in 宮ケ瀬_a0259130_18353985.jpg


で、宮ケ瀬まできたので、ガラスびんの利用促進プロジェクトが行うワークショップの参考に藤野町のアートビレッジにも立ち寄ってきました。毎月第4土日、エレファントマーケットを開いていて、地元農産物やアート、クラフトでとても楽しい場所です。圏央道が開通したので横浜からも行きやすくなりましたね。こちらせも機会があれば立ち寄ってみてください。

作品展 in 宮ケ瀬_a0259130_18355628.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-27 18:36 | かんきょうデザインプロジェクト

地球も泣いている

地球も泣いている_a0259130_12281877.jpg

台風16号から変わった温帯低気圧に暖かく湿った空気が流れ込み、大気が不安定になった影響で名古屋では雨水が駅や地下街に流入し、朝のラッシュ時に混乱をもたらしました。残念ながら、今年はひと雨あるごとに日本のどこかで大きな被害が発生しています。

たぶん、、、たぶんですが、殆どの人は、必要なものが手に入り、健康に過ごせ、趣味に興じ、夢を実現でき、豊かな福祉を生活を求めている、はず。でも、それは地球の安定があってこそ。

人は、耐えられなくなると泣く・・・地球も、なにかをため込み過ぎて耐えられなくなって号泣しているのでしょうか。

ひと雨降るたびに、ふと、そんなことを考えてしまいます。
by AKIO_TAKE | 2014-09-25 12:39 | 環境

選択される緊張感

選択される緊張感_a0259130_20585976.jpg

更新をお休みしていた9月13日、環境活動を行う若者のネットワークを軸にしながら、環境活動に取り組む若者の育成、若者の主張の社会への発信を行っているNPO法人エコ・リーグが主催する「ギャザリング」に社会人講師として参加する機会をいただきました。

「ギャザリング」とは、環境活動に取り組む若者が中心となって、さまざまなワークショップを通して自分の考え方を深めていく交流合宿のことで、今年は三泊四日で、大学生が中心で150名ほどが参加していたと思います。

私は2日目の午後の企画に参加させていただきました。環境関連の仕事に携わるようになった背景やワークショップを通して若い方たちが知り得ない考え方や価値観に気づいてもらえるよう導くカウンセラー役として・・・

講師は私を含め14名、ギャザリング参加者が事前に講師のプロフィールを見て、関心ある社会人の話を聴くために講師のテーブルを選択するというスタイル。慣れないワークショップスタイルでしたが、「選択される」緊張感をひさしぶりに体感できた一日でした。
貴重な機会を与えてくださいましたNPO法人エコ・リーグ様、ありがとうございました。
by AKIO_TAKE | 2014-09-24 21:33 | work

秋彼岸

国民の祝日にあたり、祝日法で「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」とされる秋のお中日に本家のお墓参りに行ってきました。
秋彼岸_a0259130_21582988.jpg

自然に寄り添う暮らしの中で、暑さ寒さやそれに伴ういろいろなつらさも、彼岸のころには和らいで楽になる・・・「暑さ寒さも彼岸まで」には、そんな励ましの意もあるとか。

本家の収穫はこれからのようです。さて、秋の夜長に向かっていきます。
秋彼岸_a0259130_2283347.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-23 22:08 | unclass

「既存」モデルのゆくえ

8/30の投稿で取り上げた、ヤマト運輸グループの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」。単に荷物を保管、流通させるだけではなく、さまざまな付加価値機能を兼ね備え、「物」の流れを大きく変え、個人宅の配達ではすでにトップレベルに位置するにもかかわらず、さらに対企業ビジネスの力をつけようと果敢に攻める姿勢の象徴のような施設でした。

そして、東京都江東区の本社で回収した家電を修理している佐川急便は、インターネット上で中古書籍の買取/販売を行うネットオフと組んで今年7月から小型廃家電(※)の回収サービスに乗り出しています。愛知県内のサービスとしてスタートしていますが、2015年中には全国展開も視野に入れて、サービスの点検をしながら事業を展開していることだと思います。

ネットオフは、以前から佐川急便と組んで、引っ越しや部屋の片付けで発生した不要な書籍やCDを引き取るサービスを展開しており、今回の取り組みは「そのノウハウを活用し、リサイクル分野に進出したい」と考え、佐川急便は、静脈物流の活性化につながることを期待し、両社の発展を促すサービスとして異業種の組合せによる新しいリサイクルの在り方と呼んで差し支えないものです。

静脈物流とは、一度最終消費者まで行き渡った製品、商品をリユース、リサイクルする目的で集荷し、再資源化の拠点まで運搬すること。製品の原材料を調達し、製品化されて消費者のもとに届くまでの動脈物流とは反対の意味になります。
実は、こうした異業種との組み合わせが既存のモデルを驚かすということは初めてではありません。ただ、これまでは集荷した小型廃家電を中間処理施設などに運び、その管理など自社(佐川急便)で顧客には提供できないという課題があったのだと思います。このサービスが一定の評価を消費者から得るようになると、今後は小型廃家電だけでなく、さまざまな廃棄物、資源物の運搬業務をしている事業者に影響を及ぼすことが懸念されます。

「静脈物流を活性化させる」と明言しているところに、佐川急便も、今回の回収サービスに手ごたえを感じているのでしょうか。

家電量販大手ビックカメラも、店頭や商品配送時の回収を始める予定ですし、エディオンも、10月をめどに同様のサービスを始める方針です。

「既存」モデルの崩壊へと繋がりかねない状況の中、「既存」モデルのエッセンスを整理、分析し、次のモデルを産み出す必要があります。残された時間は少ないのですが・・・。

(※) 小型家電リサイクル法では、より身近な小物家電を中心に取り扱います。例をあげると携帯電話やゲーム機、デジタルカメラなどの今では身近になった96品目の回収をおこなってリサイクルとレアメタルや貴金属など、再び、繰り返し使える資源を得ることを目的にしています。

「既存」モデルのゆくえ_a0259130_17402223.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-22 17:40 | work

期間限定故、商魂逞しく

期間限定故、商魂逞しく_a0259130_17151527.jpg

自販機に取り付けられたビニール袋。缶ジュースやお茶をたくさん買っても、この袋が安心!!とでも言わんばかりに目立っています。

ふと振り返れば、130邸が入るマンションの建設中。
建物規模からして工期はだいたい1年くらいでしょうか・・・その間、現場で働くみなさんに本数が多くても買っていただけるように袋を備え付けているのかな? とすれば、なかなか逞しい商魂!!、と同時にちょっとした気遣い、アイディアです。

期間限定故、商魂逞しく_a0259130_17355192.jpg


ちょうど通りかかったのが15時少し前、ひとりのおじさんが現場から少し先の自販機に向かい、1本の缶コーヒーを買ってましたが(笑)

本当はどんな理由で備え付けられているのかな・・・近々、警備員さんに聞いてみよう!!
by AKIO_TAKE | 2014-09-21 17:35 | look/gaze

街に彩り

街に彩り_a0259130_13225941.jpg

お彼岸を控え、街中の花壇にも彩が戻ってきていますね。
少し早いのですが、就活を終えた長男と亡父の墓参りに行ってきました。次男とは、いつ行けるかな・・
街に彩り_a0259130_13255241.jpg

by AKIO_TAKE | 2014-09-20 13:25 | look/gaze