人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

またひとつ、小さいころから見慣れた風景が変わるときを迎えます。

寂しくなるなぁ~とネットサーフィンしてみたら、なんと!僕の生まれ年に開店した店舗でした。
明治屋山下町ストア、本日をもって建物の老朽化により閉店、最終日・・・・52年の歴史を閉じます。
どんな風景になるのだろう_a0259130_16335235.jpg

周辺スーパーより割高なので、日常的に利用することはできませんでしたが、カレーのお肉などは明治屋で買っていました。

こどもの頃は明治屋「MYブランド」のジャムが好きで、ムリ言って買ってもらったものです、そういえば・・。

閉店前に一度店内を覗いておこうと、さっき立ち寄ってきました。商品棚は、ほぼ空っぽでしたが、代わる代わる顔なじみのお客さんがレジのパートさんに「おつかれさま」と声をかけている姿が、なんだかほのぼのしていて、こちらの頬まで緩みました。

で、閉店セールにあやかり、山下町ストアー最後の買い物は缶ビール(棚、ほぼ空・・)。これで750円!!
どんな風景になるのだろう_a0259130_1644441.jpg


ここの建物、上階は公団で下駄ばきタイプの住宅で、横浜の中区には多いタイプのものです。さて、次はどんなタイプの建物になるのかな・・・それはそれで楽しみです。
by AKIO_TAKE | 2015-01-31 16:51 | unclass
家電リサイクル法でメーカーによる回収が義務付けられている家電4品目(※)の不法投棄が2013年度は前年度比20.6%減の推計9万2500台だったと発表した。(環境省HP)

調査を始めた2000年以来、もっとも少ない数値とは言え、まだ年間約9万台が捨てられています。リサイクルを推進するための分別もだいぶ浸透し、環境への関心も少しずつではあるものの高まり、そして、それぞれの自治体の巡回パトロールなども功を奏しているのだと思います。

ただ、統計を見ると「捨てられている場所」の1位は道路上、道路高架下等の公道、2位はステーション等のごみ収集場所となっています。調査対象である自治体からの回答に、場所の内訳が不明というものが多いようなので統計の精度は落ちますが、でも、気になる結果です。

人の目につくところですから、深夜、早朝にそっと置かれてしまうのが大半でしょう・・・そうとは言え、監視カメラだらけの街も味気ないものですし、根本的な解決方法はなかなか見つかりませんね。地域によっても事情が異なりますし・・・

いずれにしても、まだ年間約9万台、1日あたり約250台の家電4品目が、人目につく、公の場所にこっそり捨てられている社会であるということを認識し、日々、改善策のあれこれに考えを巡らせておく。少なくとも、廃棄物処理、リサイクル業に携わる者の役割だと思います。
(※)エアコン、テレビ(ブラウン管式及び液晶・プラズマ式)、電気冷蔵庫と電気冷凍庫、電気洗濯機と衣類乾燥機
by AKIO_TAKE | 2015-01-30 23:42 | work

中小企業の2020年問題

昨日とは一転、ヒューヒューと冷たい風が吹いた1日でした、なにやら週末にかけて横浜にも降雪の予報です。雪かきグッズ、そろそろ出しておいた方がよさそうです。

さて、
企業業全体に占める割合は99.7%・・・経産省が2012年2月時点の数値として公表した、中小企業・小規模事業者の数。

一口に中小企業と言っても、多くの従業員を雇用する企業や創業百年を超えるような老舗企業、または、家族で経営する個人商店など、その規模・態様は実にさまざまです。それゆえ、中小企業の動向は日本経済に対して大きな影響を与えるとされていますが、企業数の実態は長期にわたって減少傾向を続けています。

きょう、知り合いの税理士さんと少しお話しする機会があったのですが、2015年になってから解散、清算をする会社がかなりの数に上っていると言ってました。(反対に、起業も多いらしいです)
さらに5年から10年後には約30万社の中小企業が無くなっているだろうという試算もされている、そんな話を聴かせてくれました。(1999年から2009年の10年間の減少率はもっと強烈・・)

解散、清算の理由の多くは、やはり後継者不足なので、ということ。かつて、後継者へのバトンタッチは遅くとも先代が60代のころにというものでしたが、最近は70代、80代になってようやくというケースが目立つようになり、後継者・事業継承者不足という理由からバトンタッチが遅れているようですが、バトンを渡された方は、すでに50代半ば(同族経営の場合)なんていう年頃になっているわけです。

そうすると、バトンを渡された方も長期にわたる人材育成時間の不足が生じたり、自身の経営期間が短くなることで中長期的な視野を持つ必要がなくなり、それは販売企画実行力、市場動向の先見性、経営理念の実践力・と行動力の低下等を招き、結果、無理して中小企業を経営するより解散、清算をした方が無難という選択が増えていく。まさしく、ここ数十年はそうした環境下に中小企業が置かれているのだと思います。

2月には再び小規模事業者の方たちに向けた「将来に備えるワークショップ」のコーディネーターをさせていただくこともあり、中小企業や小規模事業者を取り巻く資料の読み込みを行っているところです。

中小企業・小規模事業者の持つ専門性や多様性のともしびを失うことは、「あらゆる可能性」や「挑戦の選択数」の喪失にもつながってしまう。

なにかと話題に上る2020年というキーワード。あと5年です。

中小企業の2020年問題_a0259130_2246055.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-01-28 22:45 | work

椅子の数も減ってきたぞ

シャツにドカジャンだけで歩いていても、汗ばむ温かい1日でした。でも、やっぱり1月、日が暮れるとぐっと気温が下がってきましたね。ブログ投稿後、打ち合わせの準備を整え再外出。風邪ひかないように気をつけよう。

昨晩はガラスびんのリユース、リサイクルを営む方たちと次年度の事業計画案の絞り出し。4時間という時間を使っただけの成果はあったブレストでした。あいにく、計画案なので現段階では内容についてはお知らせできなくて申し訳ないです・・・

ブレストしている中で、
やはり、なんたかんだと言っても半年に一度は情報の棚卸をしなければならないほど、情報の腐敗が早い、幸か不幸か、そんな時代に生きていることを実感しながら脳みそをぐるぐるさせてました。

これまでは、「どんな事業計画だったら実行できるか」ということにエネルギーを注ぎ込んできた傾向がありますが、これからは、「計画は立てること、それ自体に大きな意味を持つ」というくらいにスピード感で対応する必要に迫られていると感じます。

で、リユース、リサイクルを補助する言葉としてキーワードとして「もったいない」という言葉がありますが・・・
半年に一度は「まだ、もったいないと思う」情報でも棚卸をする。「もったいない」の言葉一つでも情報発信に使う時と組合事業で使う時の意味が180度異なります。ひとつの言葉の使い方が上手くなれば、表現に深みが出るし、相手の気持ちへのアプローチにも選択肢を増やすことができ、判断のスピードも向上すると思います。

椅子取りゲームは熾烈になるばかりですが、日々、精進でガンバロウ!!

椅子の数も減ってきたぞ_a0259130_184541.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-01-27 18:05 | work

孤独期間

孤独になって8年

ことばは、テニスの壁打ちのよう自分に戻ってくるから、楽しいことば、良いことばに言い換えるようにする。
誰かに言っていることは、実は自分に言っていることばだったりもする。

深い孤独には届いていないなぁ

まだまだ、なにかをするとき、自分を探しているから、いつも自分に似たようなことしか見つけられない。まだ、自分ひとりで、自分の頭で考え切れていない・・・そこを突き抜けて孤独の底までたどり着けば、違った世界が見えて、他者とつながることができたときに、はじめて希望が持てるような気がする。

孤独期間、もう少し必要かも。
by AKIO_TAKE | 2015-01-26 23:34 | look/gaze
フィンランド航空の機内限定販売「ムーミンの折りたたみ傘」と一緒にならべられていた、ラウリ・ポラーというミュージシャンのCDを購入。とあるイベントで「フィンランドのJAZZ、いいよ」とブースのお兄ちゃんに薦められ、「どこかで見た顔だあ」と思いつつ、けど、思い出せず(家に帰って判明)・・・パッと見のジャケットも気に入ったので・・・。

ベースのハーモニックスメロディからゆったりとはじまり、クラシカルに、抒情的なピアノ、自然と体がスイングするホーンセクション&ランニングベースなど、Jazzのカテゴリーに収まらない前衛的な1枚。そういえば、最近ヨーロッパの音楽からめっきり遠ざかっちゃてるな。これを機会に、ヨーロッパ系の音楽に詳しい友人を訪ねてみよう。
今月のヘヴィローテーション_a0259130_21484698.jpg


もう一枚は、カルメン・マキがもっともハードロックに傾注していた「5X(ファイブエックス)」のCD。いまは、いつの間にか紙ジャケの復刻版が発売されている、お財布にやさしくない時代(笑)

デスクワークが続いて、ちょっと判断が鈍ったときに、なぜか遭遇しちゃう。お疲れ気味の脳を見計らったようにAmazonにささやかれちゃってます。

低音の迫力と、ハスキーながらウェット感も漂うカルメン・マキVoice、夜な夜な安いラジカセの音に耳を澄ませて聴いたものです。

今月のヘヴィローテーション_a0259130_22125580.jpg


えっと、あいからずで、いつも以上に、たわい無い投稿ですみません(苦笑)。
by AKIO_TAKE | 2015-01-25 22:16 | unclass

まぁ、ええじゃないか

何ヶ月も悩み、意を決し作成した書面が第三者に流れ、その第三者から一笑に付されながら否定される。
あまりいい気分じゃないけれど、つまるところ、それも自分が招いていることもあるんだよな。ポリポリ・・・

感情ってものは、いつも流動的。環境が変われば相手も、そして自分の感情も変わる。とは言え、危機管理能力を高めなきゃならぬ局面に遭遇しちゃっているわけで、お人よしにもほどがあるってもんだぜ。

まぁ、ええじゃなかいとお気楽を装いつつ、じっと手を見る・・・。そんな日もあるさ。

まぁ、ええじゃないか_a0259130_23475148.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-01-24 04:27 | look/gaze
平成15年だったと思いますが、ヤマト運輸が宅配につながる事業としてホームコンビニエンスという事業をスタートさせました。そのニュースを聴いて、当時、廃棄物処理を営む会社に努めていた私はなんとも言い表せない不安感を持ちました。いよいよ、物流大手が廃棄物やリサイクルの分野にも進出してくるのかなぁと、さしたる根拠はなかったのですが、でもまぁ、そんな感じです。

数年前からは、リサイクル推進や循環社会構築の研究者の方たちから「コンビニの宅配、高齢者へ宅配など市場は拡大し続けている。当然、その中に家庭からでる再生資源や廃棄物の配送も入ってくるだろう」とする考察、予見を著書やレポートなどで目にするようになりました。

そんなこともあって「他業界からリサイクル業界への参入に備える必要があるのでは」と提案し、研修会をさせてもらったこともあります。

ヤマト運輸は2013年9月に竣工した、羽田クロノゲートにホームコンビニエンス事業のクオリティ向上のための、研修・訓練施設も整備しています。
さらに気になるのは昨日発表された「メール便、3月末廃止=郵便法違反を回避―ヤマト運輸」というニュース。2013年度に20億8220万通を配送、売上高は1200億円に上るメール便を廃止し、4月からは新サービスをスタートさせるというもの。新たなる事業のアイドリング中なわけですが、事業展望の中に家庭から出る再生資源や廃棄物の取り扱いも視野に入っているかも・・・と、それくらいの関心をもっていてもソンはない。。業界の障壁は低くなる一方です。

そんな訳で、友人の勧めもあり、1999年(平成11年)初版の一冊に目を通してみます。

フラット化は現実のものになるか_a0259130_1610456.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-01-23 16:12 | book

未熟

真剣に取り組もうとすればするほど、物の言い方は辛辣になっていく・・・そんな自分が嫌になるときがあります。

反対に、私に対して、辛辣でも、それだけ真剣に取り組んでくれた、覚悟を持って取り組んでくれた人を私は大切にしているだろうか。自分のことを嫌になる前に、きちんと考えないといけないことをおざなりにしないように肝に銘じなければ。まだまだ、未熟なり・・。
by AKIO_TAKE | 2015-01-22 15:15 | unclass

シンポジウムに参加

2月1日(日)に開催される「土曜学習推進シンポジウム」の活動紹介ブースに、(一社)かんきょうデザインプロジェクトで参加します。開催時間中は常駐していますので、興味、関心とお時間ありましたらお立ち寄りくださいね。

さて、それよりもこのシンポの注目は寺脇研氏(元文部省、映画評論家、京都造形芸塾大学芸術学部マンガ学科教授)の基調講演及び土曜の学び 熟議。
昨日の新聞でも、公立小中学校の統廃合問題が一面で取り上げられています。土曜日の過ごし方をどうするか・・タイムリーな企画です。
すでに8割方の申し込みがあるようです。締め切りは1/23、参加希望の方はお早めに!! 

■日時 2015年2月1日(日)
■会場
かながわ県民センター2階ホール
(JR横浜駅 徒歩5分)

下記フォームよりお申込みください。
http://goo.gl/a6egkR

■タイムテーブル
11:30~12:30 
土曜の学び実例紹介(紹介ブースの見学)

13:00 シンポジウム開会
13:05~13:35 
基調講演「土曜の学びについて」
講師:寺脇 研

13:35~14:00 
休憩及び活動紹介ブース見学
14:00~16:00 
土曜の学び 熟議及びまとめ、閉会

シンポジウムに参加_a0259130_112263.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-01-21 01:01 | かんきょうデザインプロジェクト