人気ブログランキング |

<   2015年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今年も学校が夏休みの間に行う「リサイクル施設でエコワークショップ」。
このワークショップは、環境問題へのアプローチ方法や感じ方を育むには、テレビや新聞の報道に触れること以上に、自分の個人的な小さな体験を思い出す方が各自にとって具体的で実感を伴うたしかな出発点となることから、リサイクル施設で自分が出す「ごみ」の処理方法やリサイクルまでのプロセスを学ぶ体験活動のこと。

その現場の様子をカメラに記録する事を通して、自分の関心がどういうところにあるのかを明確にし、さまざまな社会問題への気づきや関心を呼び起こすことを目的として2012年から実施している活動で今年で4年目になります。

今年初めてお世話になる施設なので、駅からのアクセスや待ち合わせ場所などの確認をしながら事前打ち合わせに行ってきました。5月18日の横浜は蒸し暑い一日となりましたが、開催予定日は入道雲が立ち上る、まさに夏日・・・

最寄駅のバスロータリーも私の記憶の中にある風景とは随分と様変わりしており、かつ、また完成はこの6月ということなので、やっぱり、もう一度事前打ち合わせに行かないとダメかな。肝心の工場内の暑さ対を実感するには、ちょっと早かったけど念には念を入れて。

さて、これからワークショップチラシの最終校正にとりかかろう!!

エコワークショップ事前打ち合わせ_a0259130_20521118.jpg


※ 写真は梱包されて次のリサイクル工場へと運ばれる前のペットボトル。
by AKIO_TAKE | 2015-05-18 20:53 | かんきょうデザインプロジェクト

日永

日永_a0259130_20523512.jpg

暮れなずむ頃のヒンヤリ感は気持ちを洗いなおしてくれる気がします。

日が長く感じられるようになりましたね。初夏は、内向きに陥りがちな私の気持ちを外へと連れ出してくれる、ありがたい季節なのでとても助かっています。
by AKIO_TAKE | 2015-05-17 21:06 | unclass

日常に存在するか否か

先日、こどもと歩いているときに、びん入りコーラの自販機に遭遇。お金を入れ、ガチャッと取り出し口からビンをつかんだものの、手に持ったまま、微動だにしない次男。「どうした?」と聞けば「どうやって開けるの?」と。
一瞬、こけそうになりましたが、すぐに理由は判明。そういゃ~栓抜きで開ける、という習慣が激減している我が家。栓抜きで開ける、という行動に移せないのは当然だ。なにより自販機に栓抜きがついているなんて知る由もなかろう。

日常に存在するか否か_a0259130_21432856.jpg


外出先では、びんビールをオーダーしますが家ではびんビールを飲む機会はめっきり減っている・・・わたくし。

さて、
このブログでも、たびたび書いている「ごみを減らすための環境行動」のキーワード「3R」。
3Rとは、リデュース(Reduce/発生抑制)、リユース(Reuse/再使用)、リサイクル(Recycle/再生利用)の3つの「R」の総称。

リデュースは、ごみそのものを減らす。ごみの量を減らすには、まず、ごみとして廃棄するモノを減らすことが大切。無駄な買い物は控える、簡易包装の製品を選ぶなど。

リユースは、何回も繰り返し使う。使ったモノをすぐに捨てるのではなく、なんども繰り返して使うこと。 何度も洗って使えるリユースびんを見直す。修理して使うなど。

リサイクルは、分別して再び資源として使う。使い終わったモノを資源や製品として再び利用し、新しい製品づくりに役立てる。

ごみを適正に処分するための廃棄物処理法でも、1・発生抑制 2・再使用 3・再生利用 4・熱回収 5・適正処分の優先順位が法定化されています、、、と言っても、法律の中身まで知っているというか、関心あるのは廃棄物処理関連の仕事に従事する人たちだけです。それでも、3Rというキーワードをつかって広く処分の順番に関心を持ってもらおうと努めてきました。が、日常生活に浸透している言葉はリサイクルですね。リデュース、リユースの普及は遅々として進んでいない。

いくつかの理由が挙げられますが、リサイクルは自分の出したゴミを自分で分別して、分別した後にどのようなものに再生されているのかが、わかりやすいということ。少し説明をすれば、「あっ、なるほどね」と行動に移してもらいやすい。

他方、リデュースは廃棄物処理法でも処分するにあたっては最上位なのですが、実際のところは「人の善意」に頼っているのが残念ながら現状。詰め替えボトルなども普及していますが、まだまだです。リユースも、洋服のリメイクとか古着とか、かっこいいイメージで活かされているものも存在しますが、古い物を使うより、やっぱり新しいもので、かつ、値段もさして変わらなければ新品を買っちゃう、という行動心理の方が勝るのかもしれませんね。まあ、乱暴にバッサリと述べちゃいましたが、出前講師などの現場でも実感しているというのが本当のところです。

日常に存在するか否か_a0259130_21451441.jpg


話しは戻って、いくら法律で決まっているからと言っても日常の中で触っていなかったり、使っていなかったりすれば、実感がわかないので頭の中は「?]マークのオンパレード。なので、すぐには行動には結びつきません。

法律と日常の距離間・・・日常に存在しない物に実感は伴わない。今一度、問い直してみようかと思っています。
by AKIO_TAKE | 2015-05-13 21:47 | 3R

傘が台無し・・

只今、22時ジャスト

Yahoo Japanの豪雨予報メールも今夜3回目(?)が入ってきています & 強風・・・
横浜市のウェブサイトやツイッターはまだ動きがありません。

家族の帰宅が遅れているようなので先月ポストに投函されていた横浜市土砂災害マップで注意報、警報等の発表基準を確認。

傘が台無し・・_a0259130_229811.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-05-12 22:17 | 防災

安全を望みながら

安全を望みながら_a0259130_10564594.jpg

厚木基地を離陸した直後にエンジントラブルが発生し、当時の横浜市緑区荏田町に炎上しながら墜落したアメリカ海兵隊の戦術偵察機。

この事故で犠牲になられた母子をモデルとしたブロンズ像が横浜のフランス山に設置されており、ことしも被害者女性の名をつけた「カズエ」というバラが綺麗に咲きはじめています。

きょうは気持ちのいい五月晴れ。母子像からは横浜ベイブリッジが見渡せます。

安全を望みながら_a0259130_111211.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-05-11 11:10 | unclass

謎多き微生物

あと2、3年で2000年を迎えようかという、そんな頃だったと思いますが「生ごみを分解する菌があるけれど」と紹介されたEM菌。

あの頃は、まだ生ごみのリサイクルに取り組みはじめたばかりで、私のちっちゃな思考回路はいろいろな情報が絡み合って混乱を極めていたころでした。その後も消臭や除菌効果があって廃棄物処理業には有用な菌として使用を勧められたものです。結局、私が勤めていた会社での利用は見送りましたが・・。

謎多き微生物_a0259130_2322466.jpg


そのEM菌の有効性を伝える「蘇生」という映画を観てきました。う~ん・・無意識に腕組み脚組みしてスクリーンから距離を取ろうとする仕草をなんどかする作品だったでしたねぇ。微生物の有用性はEM菌に限ったことではないですし、地球の生命の源でもあるので、それはそれで学ぶべきことも多くありましたが、如何せん、放射能は消えると急に話が断定的になったり、他の菌との比較がなくて一方的に優れたことばかりの羅列が、ちょっと距離間を遠くしてしまったのかもしれません。

でも、改めて光合成細菌のことや、いつもとは異なる視点から環境に関心を持たせていただいたり、映画館まで足を運んで損はなかったです。実際に世界各地では汚染は進むばかりですから・・・。

PS 映画観たらバンフを購入するですが、10分ちょっとで読み終わってしまう12ページ862円は、いくらなんでも高いです(>_<)
by AKIO_TAKE | 2015-05-10 23:24 | movie

あらたな「彩」

きょうは、神奈川県高等学校写真連盟の総会で2015年度の【かんきょう「組写」フォトコンテスト】開催概要について告知の機会をいただきました。

県内の写真部の生徒さんに直接アピールできる貴重な機会です。2012年から数えて今年で4回目のプレゼンとなりますがMAXな緊張度は一向に下がらず・・あ~今年も声が上ずっちゃったりして、トホホ。

毎年、この総会では写真家の方を招いての講演会も行われていて、ことしは早めに会場に到着したこともあり、高校生と一緒に聴くことができました。(お名前は伏せますが)世界を忙しく飛びまわっていらっしゃる写真家の方の講義は、写真そのものだけではなく日常の暮らしにおいても、とても役に立つ内容だと思いました。

写真は、物の見方や考え方にあらたな「彩」を与えるものだなぁ~と、改めてそんな感想を持ちました。

あらたな「彩」_a0259130_2028714.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-05-09 20:28 | かんきょうデザインプロジェクト

そろそろ見頃ですね

そろそろ見頃ですね_a0259130_10532929.jpg

最近、パソコンの前にデンッと座ることが多く、ちょっと体調不良気味・・・
とぉ~くの緑でも眺めようと、けさ、少し時間をもらってみなとの見える丘公園へ。管理する横浜市環境創造局によると、約110種1,300株のバラが楽しめるとのこと。

そろそろ、見頃です。
by AKIO_TAKE | 2015-05-09 10:57 | unclass

関心の入口を増やそう

関心の入口を増やそう_a0259130_21175988.jpg

はためく絵文字に誘われてしまいそうな青空。ここのところ、ほぼ毎日誘惑に負けていたので今日は代わりにシャッターを押してガマンガマン・・・。

さて、どこの海岸でもフツーに目にするアオサ。鮮やかな緑色ですねぇ~
食用や飼料としてもつかわれていますが、それ以外に、なにか有効な資源活用は無いものか、とそんな相談があったので、今日は穏やかな海辺でアオサを採取した後、再生処理施設の見学をしてきました。

調べてみれば、1990年代から本格的にさまざまな機関で資源活用に向けての調査研究をしているようです。それだけ、越えなければならないハードルがるということですね。

そうしたことから今回は、ただリサイクルして活用するという視点だけではなく、緑藻などを通して、生物の多様性やも海に親しんでもらって、環境に対する関心の向上や継続を保てるきっかけとしての活用方法も模索したいとか・・・。これまで、環境問題については、主に身の回りの環境に関心を払ってきた傾向が強いですが、これからは日本人とか、どこかの企業人だかという枠を超えて、地球に暮らす人としての知識とセンスを育てることが肝要になります。毎年、異常気象による自然災害で多くの人の命が失われており、残念ながら今後はもっとさまざまな異常現象や被害が地球の至るところで起こるだろうと予測されています。どこの国が、どんな汚染の原因をつくっているのかを問題視しても、もはや解決の策にはなり得なくなっています。

関心の入口をもっと増やすことが、環境問題に対するモチベーションを保ち続けられる有効な手立てのひとつ。そんな視点からのサポートをしていければと、思っています・

関心の入口を増やそう_a0259130_21562446.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-05-07 22:17 | 3R

夏めく

今日は立夏・・・夏の気配が立ち込める頃になりました。
夏めく_a0259130_20454458.jpg


夏めく_a0259130_20455822.jpg


夏めく_a0259130_20462625.jpg


夏めく_a0259130_20464984.jpg


夏めく_a0259130_204765.jpg




夏めく_a0259130_20481949.jpg

by AKIO_TAKE | 2015-05-06 20:43 | unclass