人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

リサイクルビー玉

ガラスびんをリサイクルするプロセスで発生するビー玉。同じガラス製品でも飲料用のガラスとは成分組成が異なり、廃棄されてしまう運命にあるビー玉たち・・もったいない。

そんな訳で、欠けてしまったり、ささくれたりしたものはダメだけど、1個づつ拭きながら仕分けしてあげれば、まだまだ美しく輝くので再利用してあげたいね、ということで、このたびリサイクルビー玉として復活してもらう事にしました。

手始めに実際の店舗(※)に昨日から並べてみました!!
種類は直径15㎜、ブルーの色やマーブル模様もほんのちょっとありますが、ほとんどは無色透明です。
1袋 約30個(180g~190g)100円!!でご提供しています。

ビー玉の使い方って、ホントにいっぱいありますよね。
インテリア、アクセサリー、ガラス容器ディスプレイ、玩具、建築資材まで、まさにアイディア次第!!
リサイクルビー玉_a0259130_114123100.jpg

昨晩はバスタブにビー球いっぱい入れて、あれこれと想像しちゃいました。

量的にもっうちょっと多めに欲しいんだけど、という方も遠慮なく info@kankyo-design.org までお問い合わせください。お待ちしてま~す!!
(※) 萬來行(ばんらいこう) 横浜中華街大通り店でお取扱いしていただいてます。
by AKIO_TAKE | 2016-03-31 23:56 | かんきょうデザインプロジェクト

静かに淡く

春色が濃くなってきましたね。
春は季節柄、植物も人も環境の変化で心身ともに敏感な頃。くれぐれもご自愛くださいね。

静かに淡く_a0259130_23253264.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-03-30 23:25 | unclass

不気味4

不気味4_a0259130_22434386.jpg


3/26投稿の続き。センターラインはひかれていませんが土木事務所から亀裂修復の工事が終了したと連絡がはいりました。道路の下を走る地下鉄との因果関係については「無い」とのこと。
by AKIO_TAKE | 2016-03-29 22:50 | look/gaze

3月最終週

平凡な風景が花に彩られて鮮やかになってきました。花ってスゴイなぁ~
ここ数日の冷え込みでサクラの歩みもゆっくりでしたが、今日は花起こしの雨となりそうですね。

3月最終週_a0259130_2359374.jpg


3月最終週_a0259130_23591565.jpg


3月最終週_a0259130_2359275.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-03-28 04:54 | unclass

救助資機材取扱い訓練

救助資機材取り扱訓練に参加。

救助資機材取扱い訓練_a0259130_18475116.jpg

軽量(約10㎏)で持ち運び可能な切断器具で、切断刃を高速回転させて鉄、コンクリートを切断するエンジンカッター。かつて、平成16年から18年の3年間、毎年市内18区で1回ずつ横浜防災ライセンス資機材取扱い指導員(※)として頻繁にエンジンカッターの操作を行い、鉄パイプなどを切断していましたが、ここ数年はちょっと防災活動から遠ざかってました。器具の中でもっとも取り扱いに注意を要する資機材ですから今日の参加は自身の防災意識を見つめ直す良い機会となりました。

救助資機材取扱い訓練_a0259130_21572961.jpg


これは、動力を使わずに人力の操作で牽引作業を行うウィンチという資機材です。牽引とは、引っ張ったり、引き寄せたりすること。倒壊した屋根や壁の牽引、人が倒壊した建物などに挟まれているとき、広げたり持ち上げ作業の時に使用する器具です。

救助資機材取扱い訓練_a0259130_22112588.jpg


これは初めて触る資機材。器具名を聞くの忘れてしまいましたが、言うなれば、簡易カッター&ジャッキの機能を果たすものです。器具後方のレバーを前後に操作し、はさみ部分で鉄筋を破断したり、倒壊した建物の梁、かべ、ドア、家具などの広げ作業に使用するのですが、今日の訓練器具ではもっとも扱いやすいもので、現実の災害時でも使いやすい器具だと思います。

阪神淡路大震災のとき、倒壊した建物から救助するのにチェーンソーが活躍しましたが、燃料切れや替え刃の不足で使用できなくなり、その後の活動では人力で対応することになったと人命救助の調査研究報告書に記されています。

エンジンカッターの燃料は混合オイルの為、初めて触る人が使うことはできない器具です。そして、実際の災害時においても、私達のような一般市民が高度な資機材を使うことは、まずありえない。能力が小さくても人力で稼働できる資機材は貴重です。

資機材の取扱いを教えてもらうことは、日常に潜む危険を見つけやすくなりますし、いざ災害に見舞われたとき、救助するために器具の代用品を素早く見つけ出すことにもつながります。

心配される首都直下型地震に見舞われたら、器具を取りに行く悠長な時間は無いかもしれません。

(※)横浜市の小中学校には防災資機材や食料等を保管するための防災備蓄庫が整備されています。いざという時に備蓄庫にある防災用の資機材を適切に取り扱うことができる技術を市民に習得してもらおうというもので、3年間、指導員として参加していたことがありました。
by AKIO_TAKE | 2016-03-27 22:37 | 防災

将来を見据えて

自ら、絶つこと。
反対に絶たなければいけないこと・・・瞬時に見極めながら。
by AKIO_TAKE | 2016-03-27 02:44 | unclass

不気味3

不気味3_a0259130_17292929.jpg


1/31に投稿した箇所の工事が始まったようです。以前と比較して大型車両の交通量は減少したとは言え、日中の工事は通行車両を規制しながらですから警備員さんたちもあわただしく動き回っています。20~30mくらいでしょうか、道路を剥がしているので補充のアスファルトは大型車で、斫ったものを積むための2トントラックが4台ほど待機しています。

高度成長期から半世紀余り、経年劣化により補修が必要とされる道路・橋・鉄道・電気・水道・情報ケーブルなどは街の至る所に点在しています。これらの補修財源は税金・・・働けど働けどって思っているうちに当人も半世紀越えです。

以前の投稿 / 不気味 / 不気味2
by AKIO_TAKE | 2016-03-26 01:21 | look/gaze

堂々巡りだぁ~

突然、「鳥はどうして飛ぶことができるの?」と聞かれたらどう答えるか。
「羽があるから」「軽いから」「よくわかんないけど、飛べる機能があるんでしょ!!」と、なんとも情けない答えしかでてこないかも。もし、この質問がこどもだったら、ニヒルに笑われてタタタッと走り去っていきそう答えだ・・・。

当たり前だけど、羽があるから、軽いからでは、鳥がなぜ飛べる?の回答になっていないのはあきらか。でも、なんとなく、羽・軽いの言葉を返されるとなんとなく理解したというか、そうねって感じで分かったつもりになってしまうから人って不思議。

「で、どうしたらいい」
「で、空きびんのリユースに協力するから、どうしたらいいのよ?」

具体的、かつ、論理的に しかも短く回答をつくらなきゃな~ 昨日から頭の中はこのことばかり。

めぐる めぐる 季節の中で わたしはなにを見つけるだろう んっ どっかで聞いたフレーズが頭の中でめぐってる。ちょっと休憩・・・

堂々巡りだぁ~_a0259130_17192294.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-03-25 17:19 | 3R

解決処

どのビンがリユースできるの? どうすればリユースできるの? リユースに協力したいけれど、どこへ持ち込めばいいの、それとも引取りに来てくれるの?

モノを大切に、繰り返し使うようにしましょう!!との言葉に同意はしてくださるものの、で、どうすればいいの?というギモンに明快な回答が出せぬまま、はや数年・・・平成23年2月の第1回開催から数えて、14回目を迎えた「びんのリユース検討会」にオブザーバーとして参加をしてきました。環境省、環境やエネルギーを専攻する大学教授の方たち、びん業界のみなさんがメンバーとなり、国の補助金を利用してさまざまな実証事業をしています。きょうも、その経過及び成果報告もされ、消費者のびんリユースに対する意識調査の結果も報告されました。

足かけ4年の歳月をかけているので、きょうの検討会は今まで以上に進展が見られた、と評して良いと思います。ただ、「で、リユースするにはどうすればいいの?」という問いへの回答はまとめきれず・・・。

そして、ビン同様に容器としての機能果たすペットボトルや紙製品容器と比較して、そのプロモーション力に圧倒的といって差し支えないほどの「差」をつけられている現状も難題のひとつ。

いずれにせよ、「で、どうすればいいの?」と協力の意志を示してくださる間に回答を返さないとならないなぁと思います。

この「ならないなぁ」というのは、既存の再生資源業者が引き続き、空きびんを回収できている場合。質問に対しての回答が伸びるほど、「まだですか~」「回答なければ、異業種の方に問いかけますよ~」となるのは自明の理。

残された時間は少ない・・・再生資源業者として、切迫した状況です。回答を導き出すプロセスはいろいろあれど、解決処は判っている。深刻な事態、ひねり出す生き残り策がまだ足りないな。お月さま見上げて頑張るか!!

解決処_a0259130_23185182.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-03-24 23:18 | 3R
例えば、街を清潔にすることで全てがうまくいくわけではないけれど、それでも街が綺麗になれば、ポイ捨ても減るだろうし、生活環境をよくしたいという関心につながってくれると思う。

PRとしての清掃活動も訴求効果の観点から大切な行動。
一方、「日々」「日常」の中で街の清潔が保たれていれば、ごみに意識を奪われることもなく落ち着いた心持で1日を過ごしてもらうことができる。心を乱されることもないし余計な事を考えなくてもいい。

ひとり一人の無銘の行動があって、そうした心持が街に溢れていることによって安全・安心が形づくられていくのかな、と思います。
そんな社会をつくりたいと思います。そんな社会づくりのサポートができる日々に感謝して、これから「ごみ」をテーマに分別や環境のギモンについて街の皆さんとディスカッションしてきます。

ごみを通して安心、安全な街をつくりたい_a0259130_8524995.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-03-23 08:58 | 3R