人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

不足の解消

トラックを含む「自動車運転の職業」の2016年4月の有効求人倍率は2.14倍と全職業の1.12倍を大きく上回った(厚生省発表)、とトラックドライバー不足が深刻化する現状が続いています。

トラック輸送に携わる友人たちもドライバー不足に悩まされていて、会うたびに「ドライバーが足りない、大変だよ~」と日々ぼやきながらも、ライフラインを支える物流の安定化に向け、日々奮闘しています。わたし自身、トラックの運送業務に関わる仕事をしていたので友人たちの心中を推し量ることは、そう難しくない。でも、悩みを解決するまでのサポートは出来ていません。(現在の私はトラック輸送の業務には関わってません)

ハンドルを握って目的地まで届けるという仕事から集配・集金業務までドライバーが担当する仕事へと、1人何役というのが主流になりつつありますし、一言でトラックドライバーといっても、そのワーキング内容は様々です。

もうずいぶん前の話なので、あまり参考にはならないのですが自身が取り組んだ方策を思い出して、友人たちの悩み緩和・解決に向けて問い直したり、かんがえてみたいなと思います。

当時、車両そのものは2トン車から10トン車までと様々なラインナップを揃えていました。ただ、そのハンドルを握っていたのはすべて男性。

将来のあるべき企業(廃棄物処理業・リサイクル業)をイメージして、女性ドライバーの募集・採用を以下の指針のもと、実施しました。
1. 人出不足というより、企業の採用意識が広範であること(先進性)をアピールする
 女性の積極的な採用による新たな企業文化の創出。
 女性を雇用することにより、社員教育の更なる充実、向上を目指すこと。同時に、指導者育成にも腐心すること。
2. お客様と企業を取り持つコミュニケーションの促進 (情報伝達の改善)
 女性ならではの気遣いによる業務改善点の抽出を行う。そこから企業の新機軸を創出する。
 率直な疑問や意見が聞けることで各方面とのコミュニケーションが良くなる。
 コミュニケーションの向上による、言葉や考えをだしやすい潤滑な環境を創出する。
3. 若い世代の労働環境の改善
 女性ドライバーが働ける環境づくりは、若い世代にとっても働きやすい環境にもつながる。
 のちの、新卒採用に良い効果をもたらした。

こんなことを考えながら人材募集をしていたかな~と。でも、これも過去のことですし、私自身が考えていることと実行することのギャップが残り、反省することも多かった。というより、現実は甘くないから、二歩進んで三歩下がるような毎日。いろいろと御託を並べても「男性視点」からの脱出にはかなりの時間を必要としましたし、もしかしたら、未だにそうした見方は残っているかもしれません。そのあたりの意識、見方をちゃんと清掃して、新たに勉強し直して友人たちのサポートをしっかりとできるようにしなければと思う、最近の人出不足事情。
 
by AKIO_TAKE | 2016-07-31 13:25 | work

夏本番ですなぁ~

夏本番ですなぁ~_a0259130_17104014.jpg


夏本番ですなぁ~_a0259130_17111247.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-07-30 17:11 | unclass
写真に簡単なキャプションつけて当時の様子をお楽しみくださーい!!

横浜市農業振興課の職員の方から農業専用地区のレクチャー中。「横浜に、こんな農地があるんだ。ひろーい!」

地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_2110015.jpg


地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21101499.jpg


女性農業経営者 松本こずえさんの農園で収穫体験中。

地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_2110447.jpg


地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21105918.jpg


地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21112027.jpg


お待たせ~ 横浜野菜をたーっぷりつかったランチ(試食会)~ ばしめてみる野菜もあるぞ!

地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21114861.jpg


地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21115980.jpg


4名の講師による情熱溢れる「食」と「農」と「環境」のレクチャータイム 勉強になったかな?

地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21123824.jpg


たのしかったー お疲れ様でした~ 次のプログラムは8月2日の「リサイクル施設ツアー」だよ。
応募、待ってまーす!!

地産地消ツアー もうちょっと写真アップしまーす_a0259130_21125338.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-07-29 21:14 | かんきょうデザインプロジェクト

見っけ!!

1960年代生まれの駄菓子屋世代としては気になる、ホームランバーアイスとメロンカップアイス(みかんもあったな)・・・広告で見っけた。梅雨も明けたし、即注文~

見っけ!!_a0259130_911051.jpg


見っけ!!_a0259130_9111617.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-07-29 09:11 | unclass
このブログでも参加者募集のご案内をしておりました、かんきょう文化祭「地産地消ツアー」を本日無事に開催することができました。燦々と路面を射すお日様もかなりやさしい、ツアーには程よいお天気にも恵まれ、ケガや事故もなく、有意義な一日を過ごせました。

まずは参加いただいた皆様、ありがとうございました。そして、思い返せば昨年4月から企画を立案し、本日を迎えるまで色々とご支援をくださいましたみなさまには心から御礼を申し上げます。

おって、もう少し詳細なレポートを公開いたしますが、きょうは開催の御礼として数点の写真を投稿します。

地産地消ツアー 無事終了しました_a0259130_22315771.jpg


横浜とは思えない、そんなつぶやきが聞こえる中、農業専用地区の説明をうける参加者。

地産地消ツアー 無事終了しました_a0259130_22181712.jpg


さぁ、収穫体験だ!! 女性農業経営者 松本こずえさんの端的で農業への思入れの深さに、みなさん感動。

地産地消ツアー 無事終了しました_a0259130_22212714.jpg


ランチは、こんな野菜みたことないぞ、とまじまじと顔を近づけ、これから頂く横浜野菜にみなさん興味津々。

試食会での4名の講師のほとばしる熱い話にも、小中高生は真剣に耳を傾けてくれていました。講師の皆さんの想いと共に、高齢化や手間暇かかる農業離れの現実におのずと力(りき)のこもった試食会となりました。

次は、8月2日のリサイクル施設ツアー。こちらも普段は足をふみ入れることのない場所で臨場感あふれる時間を堪能できます。応募、お待ちしていまーす!!
申込み・詳細は ⇒ http://kankyo-design.org/recycletour
by AKIO_TAKE | 2016-07-27 22:30 | かんきょうデザインプロジェクト

1000円の割引券

ここのところ、マッサージ屋さんのスタンプカード更新がはやい。そりゃそうだ、7月は15日頃から、PCとの格闘に明け暮れる日々だもの。
僕がお世話になっているマッサージ屋さんは、1000円ごとに14個のスタンプが押されると1000円引き~
まぁ、買うものといえば格安スーパーでの缶ビールくらい。。。以前のような団体の会合にもほとんど出る機会がないので、外食はめっきり減ったのだけど、そのかわりスタンプの数が恐ろしいことになっている。毎朝、10分ほどストレッチをやってるんですけどね。

にこっ、と玄関で待たれちゃうと、それだけで筋肉緩むのよね、、最近。
背中の張りは、かなり醜いらしい Wao~ そんな訳で写真無し。
by AKIO_TAKE | 2016-07-26 23:09 | unclass
おかげさまで昨日募集したボランティアスタッフの申し出を頂きました。お声掛けくださったみなさま、ありがとうございました。
by AKIO_TAKE | 2016-07-26 09:23 | かんきょうデザインプロジェクト
かんきょう文化祭
地産地消ツアー 本日7月25日が締切日です。もう少し、参加枠がありますので深夜24時まで、ご連絡お待ちしていま~す。

申込・詳細 http://kankyo-design.org/harvesttour

同時にスタッフとしてお手伝いしてくださる方、1名を募集しています♪
内容は①参加者の安全管理(路上通行、体調管理等)②主催者サポート③拘束時間は集合時間から開催までの終日、です。
ご関心ある方、info@kankyo-design.org までご連絡ください。もちろん、TENZOさんのランチ付+謝礼。。。宜しくお願いします。
by AKIO_TAKE | 2016-07-25 11:41 | かんきょうデザインプロジェクト
いや~楽っすよ、ラク♪ 中近両用メガネ。

遠近両用にしてから10年。。〇〇〇波にシブシブ眼鏡屋さんに入ったのが今月初旬。あごを上げ下げしても、メガネフレームを上げ下げしても、どうにもこうにも焦点が合わなくなり検眼。近視、乱視はまぁそれなりの進行らしいが、ろうなんとかいうものがちょいと進んでいるらしい。

そんな訳で、不機嫌そーに(眼鏡屋さん、スミマセン)「見えまーす、見えませーん」と繰り返し、出来上がったメガネを記念に1枚。

最初は違和感あったのですがパソコン画面は大きく見えるし、文字もくっきりスッキリでストレス感がかなり解消されましたよ。でも、うっかり中近両用かけて外出すると階段は踏み外そしそうになるし、遠くは見えるといっても遠近両用程ではなく、まちがってもハンドルは握らない方がよさそうだ、私の場合は。

〇〇〇波、次はどこだ?! なんだか、こんなことで戦々恐々するとは。。。人生ってたのしいもんだ!!

〇〇には勝てない、とつぶやきたくないが。_a0259130_15332320.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-07-24 15:33 | unclass

混成リサイクル出前講師

さて、いよいよ夏休み!!
今日は小学校1年生から中学3年生までと、とてもwideな世代のこども達が集まってくれたリサイクル出前講師でした。

音域で例えるならば、学校だとクラスごとや学年ごとなので言葉や話すことのレベルも中音域のレンジを用いて安定して終えられるけれど、小1から中3となると高音域から低音域までを使い分けなきゃならないから、意外とタフな出前講師になります。

中3の生徒に向かって低音域の渋い声で話しかけていると、小1はなにやら目がトローンとしてくる。あわてて高音域で話すと音程がズレまくり、こども達は聞きづらそーな表情になっちゃって「なに言ってんの、疲れたよ」なんて言葉が出てくる始末(苦笑)

でも、授業の内容はいつも通りにしっかりと伝えるところはビシッ!!といったはず(?!)

混成年代での出前講師はあっちこっちに視線を飛ばさなきゃならないし、ひとつの言葉でも2つの表現を用いないと全体には伝わらない。なので意外と覚醒されちゃったりするんですよね、いい大人が♪ 

かんきょうデザインプロジェクトでは小学生から市民団体まで世代問わず、出前講師をお引き受けしています。お住まいの地域や世代によっても環境に対する課題もさまざま。少しでも課題解決に近づけるよう一緒に考えさせて頂きますので、遠慮なくご相談、ご意見をお寄せください。
ウェブサイト http://kankyo-design.org/ 最下部のメールアドレスより連絡をお待ちしています!!

混成リサイクル出前講師_a0259130_21405581.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-07-23 21:41 | かんきょうデザインプロジェクト