人気ブログランキング |

<   2016年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

豊潤な年末年始に

「知」の学者として著名な6名に、インタビュー形式で未来の設計図を語ってもらった「知の逆転」(2012年発刊)。
なるほど、誤解を恐れず自分の思考や言葉で表現するとはこういうことかと、頭の中を整理してくれそう。なぜ、そう考えるのかという深いところまでを聞き出しているわけではありませんが、そこはこちらの想像力、思考力が試されるところ。ニヤリと頬が緩む思考、表現に出会える豊潤な一冊。この年末年始に再読。

a0259130_23315291.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-31 23:34 | book
今朝から1月3日までの連日5日間、毎年恒例、中華街域内の家庭ごみ置き場の巡回をスタート。街の事実を記録して、改善策のひとつになればと、ひとりで勝手にはじめて今年で7回目(だと思う)・・・28日に投稿した古い活動のひとつです。

a0259130_18314078.jpg


本日30日で、この地域の横浜市のごみ回収は終わり、年始は6日(金)からとなります。どの地域でも、誰に言われるまでもなく、散らかっているごみをまとめたり、掃き掃除をしてくださる方がいらっしゃいます。けさも、ほうきと塵取りをもって片付けてくれる方があちらこちらに・・・。ありがたいですね。

で、私は年末年始の実情を写真に撮って年始になって行政や街の団体にレポートとして提出したり、臨時回収の依頼等をしていました。巡回と記録取りはあくまで勝手に、です・・。

さて、話は転じますが、
かつて、奈良の都として栄えた平城京ですが、日本の首都として機能したのは、わずか70年余り。短い期間で政治の中心地の座を明け渡した理由の一つに「ごみ」が挙げられています。

平城京の推定人口10万人前後とされる「ごみ」(生ごみ、し尿、生活排水)の処分を、どこかでしなければなりません。7世紀の頃ですから、焼却炉なんてありません、ごみ収集車もない。

ごみの量は今と比較にならないほど少ないでしょうし、かつ、ごみも天然由来の物ばかりです。しかし、ごみを人が住んでいないところまで運ぶことができない訳ですから、おそらく住居近くに穴を掘って捨てたり、小さな溝をつくって流したりしていたといわれています。汚物が堆積しやすい生活環境だったということが想像できますね。

そして、その付近の井戸から水をくみ上げて生活用水としてつかわなければならない。

不衛生である井戸水を飲料水として用いれば、やがてペストなどの病原菌によって、たくさんの人々の健康が害され、街を痛め続けることになり、壊滅へのスピートをはやめることにつながります。
それは、徐々に首都としての機能を果てせなくなることを意味し、安定して政を治められる地をつくることを迫られることになります。やがて、遷都は平城京から平安京へ・・・

いまどき「ごみ」で街が滅びることは無いと思いますが、現在の廃棄物処理法は1900年に伝染病の蔓延を防止するために制定され、その後、「公衆衛生」を目的として改正され、現在もこの原則は変わっていません。

a0259130_18551781.jpg


地面の赤く囲ったところは、地元の高校生が不適切なごみ出しを止めよう!ルールを守ろうと呼びかけるために描いてくれた絵です。

たかが「ごみ」ですが、大人の見識や行動がこれほどわかりやすく見て取れるのはごみの出し方。ごみは人々の無関心がカタチになったものですから。

年末年始、お天気は良さそうです・・・なにより。2017年元旦も初日の出の後は、ごみ集積場の巡回(笑)。

私は年末年始だけでなのですが、街のみなさんはeverydayで取り組んでいます。そうした街のみなさんの無銘の活動が報われる成果が出たので、この古い活動は今回で終えたいなと思っています。

次からは、「ハレのレポート」をつくりたい!!
by AKIO_TAKE | 2016-12-30 19:03 | 環境

墓前に

a0259130_14545358.jpg


午前中、無事に年の瀬を迎えられたことに感謝の気持ちを心に浮かべ、手を合わせてきました。

a0259130_150611.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-29 15:01 | unclass
成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる。

アメリカの経営学者、ピーター・ドラッカー氏の言葉。メールを送ったり、下地をつくっても、なしのつぶて状態が続くことがある。たぶん、こちらにも落ち度があるんだろうなと思いつつも、この状況を続けることは精神的にも良くない。返信がないということは役に立っていないということだから。

そろそろ潮時かなと思う活動が存在します・・もちろん、こちらも反省しつつです。

最近、現実をいっとき取り込んで映し出してくれたり、別の街の顔を描いてくれたりするので、雨上がりの水たまりがおもしろくて、よく観察してます。晴れになれば一瞬で消えていきます。僕の中にある古い活動にも、雨を降らせた方がよさそうだ。

a0259130_035390.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-28 23:36 | look/gaze
写真を撮っている僕は、きっと穏やかな顔をしているんだろうな、と思う。そんな心持にさせてくれる彼らに感謝状の贈呈です。僕も、僕にかかわってくれる人たちを、そんな心持にしてあげられるようなヒトになれるように日々精進。

a0259130_0324535.jpg


a0259130_033953.jpg


a0259130_0332932.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-27 00:35 | look/gaze

次の日曜日は2017年

a0259130_23445361.jpg


ユンボや建設機械も、
あと3,4日の稼働でお正月休みなのかな。さて、2016年のLAST WEEKです。諸々、手際よく片付けていかないと!!

a0259130_23503119.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-26 00:39 | unclass

探して捉える

a0259130_113932100.jpg


ヒトや動物は食料のあるところまで歩いていけるが、植物は食料(光)のある場所を知り、そこに向けて成長させなければならない。(WHAT A PLANT KNOWSより)

ヒトとは異なる感覚機能と調整能力・・日常の神秘。ヒト以外から学ぶ日常のありがたさ。
by AKIO_TAKE | 2016-12-25 11:46 | look/gaze

高校生写真展

a0259130_22591278.jpg


神奈川県高等学校文化連盟写真専門部 主催 第43回高校生写真展 
今年も感性豊かな267作品を堪能してきました。

今年の印象はズバリ「目ヂカラ」!
生命や意思の強さを感じさせ、目と目とがあった瞬間にロックオンされる作品が多かったように思います。

また、肖像権の問題もあるのでしょう・・人物の被写体が本人や友人と思われる作品が増えているので、写真展の会場も若い気にあふれているように感じました。

作品展はあす25日(日)までですがお時間ありましたら、ぜひ足を運んでみてください。

会場 横浜市民ギャラリー

a0259130_22593245.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-24 22:59 | かんきょうデザインプロジェクト

穏やかとはいかず

毎年、この頃になると「なんで、いまなんだよ~」とカクッとうなだれてしまう出来事に見舞われる。で、今年も案の定、不安的中。

お昼のそばを食べ、PC前に座ってみれば、なにやらオレンジのランプがチカチカと点滅している。「んっ、なんだ」と思いながらENTER押したのだが全くの無反応・・・おいおい、ともう一度ENTER押すも冷たい反応。

東芝のPCサポートセンターに症状を伝えるも、電源が入らないから対処しようがなく、取り合えず修理に出すことになりました。午後は、ブルーな気分のまま、あまり使っていないノートパソコンに登場いただき、メールアカウントの設定したり、バックアップしていないデータの思い出し作業に追われ、ああ今年もやっぱりなにかが起きたのね、と落胆中。しかも、結構ヘヴィーだぁー。
by AKIO_TAKE | 2016-12-23 22:58 | unclass

穏やかな作業

知的障害の支援施設に通う方たちがボラティア作業として集めたペットボトルのキャップを回収して、プラスチック製品に再生する工場へ運ぶ。

ペットボトルのキャップの回収だけですが、ここの施設とはかれこれ10年くらいのお付き合いになるでしょうか。毎回トラックを施設に横付けすると、窓から「おはようー」と声をかけてくれ、中にはなぜか「がんばれー」と励ましてくれる人も!(笑)

今年最後の回収日だった今日はキャップがパンパンにつまった70㍑のビニール袋の積込も手伝ってくれました。ひとつ積み終わるたびに、「次、積んでいいか」とこちらの作業確認をするように視線を送ってくれるので、息の合った作業ができましたよ!!

また来年!! 施設の皆さん、良いお年をお迎えください!!

a0259130_10504574.jpg

by AKIO_TAKE | 2016-12-22 23:32 | 3R