人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

激しい曲を聴くときは、まゆげを吊り上げるらしい・・ユニット【スピーカー】は雪だるまの中。これつくったの、最年少者!! ゆたかな発想だわ~

聞こえているのは せつない ラブソング ?_a0259130_17262441.jpg

by AKIO_TAKE | 2017-07-31 17:27 | かんきょうデザインプロジェクト

夢中

2日間に亘っての廃材でスピーカーづくりワークシッョプ、おかげさまで無事に終了しました。
ことしも個性豊かなオリジナルスピーカーができましたよ!! 11月11日、12日のかんきょう文化祭で鳴らすのが待ち遠しい出来ばえです。

夢中_a0259130_16565356.jpg

座学の「音」ってなに?からスタートしたワークシッョプ・・たしかにこども達に「音」っなによ!説明してーと問われるとなかなか的確に短く答えることが難しいかも。昨年も感じましたが感じましたが、「大人」にも役立つ、むしろ「大人」の方が五感で捉えたものを言葉で表すヒントになり、ビジネスシーンでもかなり有効活用できそうです。

そうそう、日本のマンガ文化は世界に冠たるものと、と言われますよね。漫画としてウケるわけの1つとして、日本語は擬声語が世界の言語の中でも多く、豊富な表現が可能なんだとか・・「それそれ」「アツアツ」「そわそわ」など、説明できない豊かな表現、表記が作品の幅を広げられのが要因なんだとか。「音」って単に「聞く」ばっかりじゃないんだぁ~と、そんな言葉をこども達もつぶやいていました。

夢中_a0259130_17094435.jpg

作品をひとつご紹介・・おそ松さんの貯金箱をマイスピーカーに仕立てました。金属の箱です、みなさん、どんな音になると思いますか? 11月のかんきょう文化祭までに想像してみてください!!すでにあるものにあわせる発想ではなく自分に合わせたモノやコトをつくろう、というワークシッョプコンセプトにぴったりの作品ばかり。
今週は、古着ファクトリーツアー、フォト教室、古着リメイクワークシッョプと続きますので、引き続き、報告していきますのでどうぞよろしくお願いします。
コーディネーターの稲吉稔さん、座学の講師 山下修平さん、作品作りのサポートをしてくださったみなさま、ありがとうございました。


夢中_a0259130_17171381.jpg


by AKIO_TAKE | 2017-07-30 23:53 | かんきょうデザインプロジェクト

ご支援に感謝いたします

いよいよ本日から2017年度のかんきょう文化祭のプログラムがスタートします。
公式ウェブ かんきょう文化祭


5月以降、チラシの配布・設置や中高生を対象とした活動を展開する方たちのご紹介など、皆様には大変お世話になりました。きょうからのワークショップを控え、改めてご支援下さいましたことに感謝申し上げます。ありがとうございます。

環境問題とは、それぞれの問題がポツンと単独で存在しているのではなく、すべてが「つながっている」のが大きな特徴です。

石油・石炭などの化石燃料を使えば、大気が汚れ、酸性雨となり、土壌劣化を引き起こし、食料危機に陥る。人口が増えれば、食料を大量生産する、そのための過剰な地下水の汲み上げは、土壌劣化につながり、森林を破壊し、自然災害を引き起こす、というように。


しかし、「つながっている」のであれば、どこかひとつを良くすることで、次の課題も良くなるという見方もできるはずです。もちろん、どこかが良くなったからと言って全部が良くなるものではありませんが、あきらめずに時間をかけて解決していかなければならないのではないでしょうか。

そこで、ひとつの効果は小さくても個人レベルで最高のビジョンを描き、永くたのしく続けられる活動を日々実践することが大切なのではないかと考えます。


「つながっている」を意識しながら、問題の見方や捉え方に磨きをかけて、新しい解決策を見いだしていくにはどうしたらいいのか。

そうしたことから「かんきょう文化祭」では2日間に亘って参加していただくプログラムを準備しています。断片的にならず、一部分だけを体験するのではなく、「次はどうなっていくのか?」という意識が醸成するよう工夫、設計をしています。

けれども2日間という日程が参加のハードルを上げてしまっていることも確かなことで、また、夏休みと言っても塾や部活動、地域行事などで忙しく、日程がなかなか合わないようですが、今年も参加する中高生の豊かな発想に色々と学ばせてもらおうと思います。

8月3日に開催する【野毛山動物園でフォト教室】も若干余裕があります。

8月1日からは【中高生のための かんきょう「組写」フォトコンテスト】の応募受付がスタートします(公募期間は8月1日~10月15日です)。夏休み中や普段の街の中で気になる環境を見つけたら記録しておいてください。フォトコンの公募テーマは「地球をハグしよう!」です。宜しくお願いします。

ご支援に感謝いたします_a0259130_07451302.jpg

写真は昨年度の古着リメイクワークシッョプのときのもの。古着を200種類以上に選別する工場で調達した服を、切って、貼って、縫っての手法で11月のファッションショーで披露するリメイク服をつくりました。2017度の古着の集まる工場の視察は8月1日、リメイク服をつくるワークシッョプは8月4日です。受付には余裕がありますので、お気軽にお申し込みください → 
申込はこちらをクリック
by AKIO_TAKE | 2017-07-29 07:45 | かんきょうデザインプロジェクト

問い、問われる

今朝も大臣辞任のニュースが流れ、国政はだいぶ混乱しているように映ります。暮らしを営む上で、抱えている課題、将来の希望、関心ごと、ひとりひとり異なります。

いま、横浜は4年に1度の市長選挙が行われています。政治家の資質を問う言葉が飛び交うこの頃ですが、はて、投票する私自身の資質はどうなのか。私自身の資質が問われる市長選挙・・・投票行動は投票する側の資質も問われる。そう心して投票所に向かいます。

問い、問われる_a0259130_08230019.jpg


by AKIO_TAKE | 2017-07-28 08:23 | look/gaze

正直者は木っ端みじん

友曰く、
ブログやフェスブックは他愛もないことを書いておく方が無難だぞ~ 
真面目に書いても言質取られてあとで困ったり、アイディアを横取りされて損するから気をつけーやー!! 
まして人に利用されがちなお前さんは尚更だぞーと、
タタタタッと早口でありがたいアドバイス笑

たしかに否定できないわーと思いつつ、だまし横取りするより、騙され横取りされた方が人としては上質だわさーとかなんとか屁理屈言って応酬!!
そこに再び、正直者は木っ端にされて川に浮くだけぞ、とこれまたかなり躍動的なお言葉を・・・
そこまで言ってくれるということは、そんな雰囲気を醸し出しちゃっているのかな。

車検ならぬ体検の実施で病院に行ったら24時間心電図ホルタ―を装着された、マジか、アカンわ。はよ直そ。

正直者は木っ端みじん_a0259130_17130083.jpg
こんな感じか 木っ端みじんって笑

by AKIO_TAKE | 2017-07-26 17:13 | unclass
空間デザイナーとサウンドエンジニアが講師として行うワークシッョプは、他では体験不可!!
ものづくりや環境に関心のあるオトナのみなさまへ・・お知り合いの中高生に勧めてみてください!!

募集プログラム →
「廃材でワークシッョプ」

空間デザイナーとサウンドエンジニア_a0259130_10271910.jpg

by AKIO_TAKE | 2017-07-25 10:27 | かんきょうデザインプロジェクト

感情の取扱い方

ただ今、22時51分。 今朝の出来事をこの時間に気を取り直してもしょうもないけれど、そんな日だったなということで。
「きちんと伝える」「ちゃんと理解してもらう」というのは難しい・・SNSのメッセンジャーをつかって作業内容の変更を伝えたところ、思わぬ方向へと進んでしまい、結局謝罪を要求されるという月曜日に。う~ん、こちらも相当気を遣って、色々と配慮して書き込んだつもりでしたが、結果は「つもり」となってしまい誤解を招いたので、要求通り謝罪はきちんと行いました。

ここはガマン、という場面でもあったし、振り返れば言葉足らずや説明不足もあった。それにしても、SNSを使っての情報提供はかなり慎重にやらないと、と大いに反省もしました。こちらとしては伝えたつもりでも、意図がきちんと伝わっていなければ情報を提供したことにはなりません。徒労感を覚えるだけの作業内容は回避しなければならないなぁと思います。

感情を伝えるテクニックもまだまだ足りていないのでしょう。パソコンは感情が無いので、オンラインに感情を乗せなきゃならないし、その作業を怠ると今日のようにあってはならない解釈へと導いてしまうこと間違いなし。そんな訳でかなりの疲労感をひきづったままの投稿で恐縮です。あすはいい日となりますように。

写真は7月22日の野毛山公園にて。朝早く行ってみようかな・・・。

感情の取扱い方_a0259130_23060026.jpg

by AKIO_TAKE | 2017-07-24 23:06 | look/gaze

横浜市は、今後世界的に進む都市化を見据え、環境や高齢化対応などの課題に対応しつつ、持続可能な経済社会システムを持った都市・地域づくりを目ざす「環境未来都市」として日本政府から選定されています。そんな訳で市長選の環境施策も気になるところ。

環境問題を論ずるとき、自然からもたらされる資源には限りがあるという視点が欠けている、と言われます。この欠けた視点をわかりやすくする伝える指標としてエコロジカルフットプリントがあります。


地球は、私たち人類が快適に生活できるように石油、天然ガス、鉱石、石炭などの自然資源をつくりだしてくれています。これらの自然資源を自然が本来持つ力の範囲内で利用すれば良いのですが、必要以上量をつかってしまったり、自然の再生スピードを超えたりすれば、自然資源は減少に向かっていくばかり。


この資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値がエコロジカルフットプリントです。NPO法人「エコロジカル・フットプリント・ジャパン」によると、世界中のひとびとが日本人のような暮らしをはじめたら、約2.4個の地球が必要という数値を示しています。


けれど地球は1個しかありません。

地球に暮らす人間1人に与えられた資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な割り当て面積は1.8hですが、日本人は1人あたり4.3hを使っているということになります。

この数値を基準としてこれからを考えた時、そして地球が1個で済むような生活をするために、私たちは何を改善すべきなのか。


冒頭の通り、横浜市は環境未来都市に選定されています。大変恐縮ながら、かんきょう文化祭のような若い世代の感性を社会に情報発信し、育成にも関与する活動・プログラム開発はかつてなく重要になっていくと感じています(今はまだ発展途上中です)。


すでに未来にツケを負担させている現状があり、かつ、世界を見渡せばインドや東南アジアの国々は、これから自然資源をもっと利用するようになります。日本は人口減少社会ですが東南アジア、アフリカはこれから人口が増えていきます。


横浜市民があすから自然資源の利用を抑制しはじめても、もしかすると焼け石に水かもしれません。それでも、このまま放置することは未成年者に対して不誠実な行動となります。特に、未成年者を対象とした環境事業を展開している大人は。


環境分野の中で、このような側面からこれからを捉えた時に「開発」「発展」「成長」等を前提した社会づくりは限界にきている、と捉えても良いと考えています。


右肩上がりの制度設計のまま、継続することは「1個しかない地球」に負担を強いるばかりとなります。そうした見立てをすると今回の環境未来都市横浜市長選挙は成長、発展を前提とした従来の制度設計を問うものとなり、また、成長、発展を前提としない新たな制度設計を模索する組長を選出する、という視点も持ち合わる必要があります。

7/22に放送されたNHK「AIに聞いてみた どうすんのよ?!ニッポン」でも、AIひろしくんは、これからの社会構築において「成長一辺倒を疑ってみたら」という提言、ヒントを出していました。投票まであと一週間。地球儀を眺めながら私の結論を出していこうと思います。


地球儀を眺めながら横浜市長選を考えてみる_a0259130_09165055.jpg




by AKIO_TAKE | 2017-07-23 09:21 | 環境
本日も痛いほどの光の束・・

8月3日(木)に開催するフォト教室の打合せで野毛山動物園に行ってきました~ 
3日の午前中は、飼育員さんから動物と人の関わり、飼育員と獣医の仕事、生息環境等の話を聴いた後、園内をまわりまーす!!
中高生の皆さんの申込、お待ちしてます☀
申込 → 
野毛山動物園でフォト教室

フォト教室の打ち合わせで野毛山動物園に_a0259130_15182372.jpg


フォト教室の打ち合わせで野毛山動物園に_a0259130_15184959.jpg

フォト教室の打ち合わせで野毛山動物園に_a0259130_15191452.jpg

フォト教室の打ち合わせで野毛山動物園に_a0259130_15193164.jpg


by AKIO_TAKE | 2017-07-22 15:19 | かんきょうデザインプロジェクト

メンズにも

今日も暑かったですねぇー
fifty over向けの日傘 ほしい

メンズにも_a0259130_22410679.jpg



by AKIO_TAKE | 2017-07-21 22:41 | unclass