<   2018年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いらなくなったモノを捨てずに新しい素材として扱い、工夫を重ねて価値を高めるワークショップ「アップサイクル広場」が横浜ワールドポーターズに戻ってくる!
詳細→アップサイクル広場

a0259130_22395475.png

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-17 22:42 | かんきょうデザインプロジェクト

侮るなかれ!

12歳までに身につけさせたい、の吹き出しキャッチがあるので小学生を対象としたメソッド本ながら、この一冊も企業研修の問題づくりに役立ちそうです。いつものように企業研修系の書棚を見て回っていたのですが、この本は「学校教育」の棚に収まっていたもので、ペラペラめくって「あぁ、ビジネス本をとても平易に書いたものだなぁ」と、ならぶ言葉は小学生向けですが内容はしっかりと大人にも通用しそうなのでレジへもって行き、早々に読了。平易に書かれているので、あっという間でしたが本屋で感じたようにアレンジすれば企業研修にも効果を発揮できそうです。

「学校教育」の棚では、先生向けの本が多かったことにちょっとびっくり。それも今日ご紹介した本同様、専門書的な要素を踏まえつつもとても平易な言葉で書かれ、先輩先生の体験談など現役先生の心をサポートする本が目に留まりました。そうした本たちに、現場では保護者や社会が全く気付いていないことがたくさんあるのだろうなぁーと感じました。


a0259130_23033292.jpg





[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-16 23:04 | book
a0259130_22560718.jpg

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-15 22:56 | unclass

ちょっとお邪魔する

a0259130_21332567.jpg

天気予報では今週末は秋の気配があるかも、と伝えていますが横浜は今日も暑い1日でした。
自然にちょっとごめんなさいと言って、ちょっと人間が楽しめるくらいに変えさせてもらう。そうすれば自然も味方してくれると思うけれど、もう遅いのかな・・それでも、人が主人公じゃなくて、自然にちょっとお邪魔させてもらう存在として自然と接するという自然観で仕事をしていきたいと思う。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-14 21:46 | 環境
Forbesのweb版に「心がゆがめられる」というタイトルがついた記事を見つけました。日々進歩を遂げる画像加工技術の画像が原因で、ゆがめられた自己イメージを持ってしまうリスクがあり、自分自身を見る目をおおきく捻じ曲げ、非公式ながら医師の間では「スナップチャット醜形恐怖症」としう疾患名もつけられているとのこと。
進化した加工技術で個人的に楽しんでられるうちはよいけれど、他者の感想が妙に気になりはじめ、承認欲求が深まってしまうと心の不安定化を招いてしまうというもの。
外見は内面の一番外側、という言葉がありますが記事では「スナップチャットやインスタグラムで簡単に変えられるものは大抵、初めからそれほど価値あるものではないと考えられる。 」と結んでいます。デジタル技術がこれからもスピードを上げて進化していくなかで、加工された情報と現実との差異を瞬間的に見抜けるチカラが求められます。そのチカラの蓄え方はどうしたらいいのか。またひとつ取り組む課題が見つかりました。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-13 00:05 | look/gaze

モネの蓮池を作ろう

6月に開催した「アップサイクル広場 http://kankyo-design.org/upcycle 」に参加してくださったアーティストさんのイベントです。
8月13日~15日まで、ぜひ!
FBページ https://www.facebook.com/events/960645607439877/

a0259130_10090239.png




[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-11 10:09 | かんきょうデザインプロジェクト

SDGsゼミのご案内

すでに1990年代後半から現代社会の課題として取り組み、実施されてきた「持続可能な社会をつくる」様々な施策。でも、施策の浸透は政府レベル止まり感が強く、市民社会・教育機関までたどり着くには至らず。

そうこうしている間に持続困難な課題が次々に表面化し、いよいよ啓発や自己発動を辛抱強く待つこともちょっと難しくなってきた。

そこで2015年9月、国連加盟国は2015年から2030年までに貧困や飢餓、気候変動、エネルギー、平和的社会などを国際目標としたSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を採択しました。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指ために、広くいきわたるような行動を呼びかける目標を掲げた、ということになるでしょうか。


冒頭の通り、SDGsは政府のみならず、企業・自治体・教育機関・市民社会など、あらゆる人々の参加がキーポイントとなります。そこで2018年2月に電通が日本社会への浸透を調査したところ、SDGsの認知度は14.8%と低いものの、SDGsが掲げている17の目標テーマに共感度平均は73%と高く、理解が進めばこれからの行動につながる可能性があるとしています。一方、SDGsの認知者は情報感度や高い年収者と分析され、SDGs最大のテーマ「誰一人取り残さず、世界中で貧困根絶と持続可能な社会への移行」には、まだかなりの工夫が必要とされるようです。

啓発や自己発動等では2030年までに達成する目標に遠くなることから、SDGsはビジネスセクターと市民社会・政府など様々なセクターの連携を重要視するとし、我が国の経団連も企業行動憲章のサブタイトルを「持続可能な社会の実現のために」と2017年11月に改定しました。こうした機運もあり、これからしばらくはSDGsという言葉を聞く機会が増えてくると思います。

私も入会している「横浜グリーン購入ネットワーク」が8月28日にSDGsを経営戦略に実装するというゼミナールを開催します。私もビジネス感を前面に打ち出したSDGsは自社が取り組めていること・取り組めていないことの棚卸や経営方針の事業活動の価値をチェック等には有効だと思います。今までいくつかのワークショップに参加して、「あっそうか!」「なるほど!」と気づかされることもありました。お時間、関心ございましたら是非お申し込みください。

お申し込みは → 横浜グリーン購入ネットワーク 最新情報からどうぞ。


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-10 10:26 | work
裁ちばさみでカットし、針で黙々と縫い合わせながら、自分の中にあるイメージをリメイク服に移し変えていく。

新しいスタンダードがつくられてゆくパレットのような空間、手づくりならではの温かみにあふれた素敵な2日でした。

8月8日・9日の2日間、台風の接近や交通機関の乱れなど、気がかりな事が多かったので参加者の体調が心配されましたが、前週のAコースと併せて、参加頂いた皆様、影日向になってサポートして頂いたみなさんのおかげで無事に終了することができました。ありがとうございました。

制作したリメイク服は11月3日・4日(日)に横浜ワールドポーターズで開催する、かんきょう文化祭で披露します。お時間ございましたらぜひお立ち寄りください!

a0259130_10184686.jpg


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-09 23:00 | かんきょうデザインプロジェクト
台風13号の接近で、かなりヒヤヒヤしましたが無事にBコースの古着ファクトリーツアーを終えました。悪天候にもかかわらず参加してくれた高校生、大学生のみなさん、ありがとうございました。

あすは11時からシルクセンターB1(http://www.silkcenter-kbkk.jp/)で本日調達した古着のリメイクワークショップです。オープンスペースなので、どなたでもワークショップの様子を見ることができます。16時頃まで楽しくやっていると思います!

最後になりましたが、毎年、親切丁寧な案内をしてくださる、ナカノ株式会社(https://www.nakano-inter.co.jp/)の皆様、今年もお世話になりました。心より感謝申し上げます。

a0259130_21275194.jpg


a0259130_21281928.jpg






[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-08 21:28 | かんきょうデザインプロジェクト

中華街フィールドワーク

a0259130_17221921.jpg

横浜中華街の牌楼や文化、近代史を話しながら、「多文化共生」「異文化理解」を深め、ランチ(http://ichi-raku.jp/)をとりながら中華料理の食文化も学ぶことを目的としたフィールドワークを行いました。

ご案内した学校は、見聞を広げ理解を深めるという経験を高校生のうちから積めるように、そして主体的に動けば動くほどグローバルな視点を持てるようになることが大きな魅力になる課外活動を行う「横浜隼人高校」のみなさん。

猛暑の中、お疲れさまでした。次回の開催が待ち遠しい、充実した活動となりましたね! &かんきょう文化祭でも宜しく!

a0259130_17225208.jpg


a0259130_17231828.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-08-06 17:26 | かんきょうデザインプロジェクト