人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「公」を考えてみる

先日、横浜中華街の店舗やチャイナタウン80(街の公式インフォメーションセンター)で働きながら、中華街の歴史や中国の食文化、イベントなど、中華街の魅力を訪れた方々に正しく伝える“横浜中華街コンシェルジュ”の交流会が開催され、参席をしてきました。街のコンシェルジュとして、横浜中華街を訪れ、楽しいひと時を過ごす人々をサポートする存在です。

街の仲間のお店でおいしい食事と、愉快な話題の中にも街への熱い思いが各テーブルにあふれ、有意義なひと時となりました。近年は自然災害に見舞われることの多い日本、東日本大震災直後の横浜中華街も人影が消えた寂しい光景になったこともありました。言い知れぬ不安の中で街のコンシェルジュとしてなにか貢献できないかと、当時を思い出しながら感極まる方もいて、もどかしい思いやコンシェルジュ同士だからこそ吐露できる胸の内など、心を触れ合わせ、さらけ出す熱量は横浜中華街のクオリティを高めてくれる大切なコミュニケーションタイムです。

私が中華街コンシェルジュの講座を受講したきっかけはいくつかありますが、ひとつ書き留めておきたいなぁと思います。

かつて、お土産の袋や食べ歩き用の包装資材などが隣町の元町商店街や山下公園のごみ箱に捨てられていたことがあります。ヒラヒラと舞っていたことも。
「ごみ箱に捨てられていればいいじゃん、ノープロブレム」・・そう、たしかにその通り。
「元町商店街に落ちていてもドサッと落ちているわけじゃない。気になったら拾えばいい」・・そう、確かにその通り。拾ったこともある。

別に問題ないじゃん、と言われれば返す言葉もないかな・・確かに。けれど、質の良いサービス、とか、おもてなし、とか、食や伝統を正しく伝えるのであれば、自分の街が出したごみを、他の街で見かけてもなにも感じないとしたら、それは「自分勝手なおもてなし」にしか過ぎないよな、とか、そんな風に思っていました。中華街に来た下さった、来てくれそうな人たちだけに向いたサービスやおもてなし、ではないかと。

売るだけ売って、あとは知らない。そんな風に詰め寄られ「横浜中華街は誰もそんなことは思っていない」と反論しても実際はそういう風景になっていた。
それ、ほっといていいのかー?と。
正直なところ、今でも自分自身に向けた、この問いに明快な回答を持ち合わせていません。そんな話をしたら「オマエ、馬鹿か!」と言われるので、表立って言うことは控えてきましたが、中華街コンシェルジュの活動の中では、そんな思いを伝えていました。そんな視点をもって「公」を考えられる街であることが一流の商業地になり得ると思うし、そのことによって横浜中華街を客観的にとらえることができるのだと思います。

あるコンシェルジュのお店では、飲み終わりそうなプラコップや中華まんじゅうの下に敷いてある紙(蒸し菓子用剥離紙)をまるめて持っているお客様に「捨てましょうか、お預かりしますよ」と声をかけています。わずか、2~3秒足らず、一瞬の出来事・・・。「街にある小さくても対処すべき課題」は気づかぬ間に解決されていることがベスです。

ほんと、ちょっとしたことだしお客様に感動を与えるものでもないと思います。でも、中華街はそれが当たり前に行われている。そんな風景をつくりあげたいなと思っています。

「公」を考えてみる_a0259130_18421247.jpg
写真は2018年8月、高校生を馬祖廟にお迎えしご案内しているところです。

by AKIO_TAKE | 2018-10-04 22:44 | look/gaze
かんきょう「組写」フォトコンテスト 応募締め切り迫る!_a0259130_12523083.png
今年の締切日は10月7日(日)! → 10月9日(火)まで延長としています。奮っての応募、お待ちしています。

高校生や中学生のみなさんに、目前に起きている変化や危惧、又は、楽しいことやおもしろそうなことを記録してもらい、表現することの喜びや「私の新しい眼」に気づき、感受性豊かな人材の創出に繋げる機会の場として開催するフォトコンテストです。

グランプリは、ディズニーペアチケット!

11月3日と4日、横浜ワールドポーターズで行われる選考会で、一般来場者と応募した本人が審査員として投票し各賞が決定されます。奮っての応募、お待ちしています!
応募、詳細は http://kankyo-design.org/kumi-sya


by AKIO_TAKE | 2018-10-03 12:53 | かんきょうデザインプロジェクト

2年前の10月2日

2年前の10月2日_a0259130_00195359.jpg

年内に豊洲市場に行ってみたい
参考サイト https://www.foods-ch.com/shokuhin/1527207249595/


2年前の10月2日_a0259130_00202995.jpg

by AKIO_TAKE | 2018-10-02 23:54 | look/gaze

三歩後ろ

台風24号、唸りを上げる暴風にけたたましく打ち付ける豪雨と、横浜でも恐怖を感じる深夜の時間帯でした。一夜明け、台風一過の青空ですが公共交通機関も乱れており、通勤・通学の足に影響が出ています。台風被害状況もこれからあきらかになっていくと思いますが、その被害が軽微であることをお祈りいたします。

三歩後ろ_a0259130_08474666.jpg

さて今日から10月、はやいもので2018年もあと3ケ月です。
けさのMXテレビ モーニングCROSSで、アマゾンがニューヨークにリアル店舗を構えることについて、コメンテーターの心理カウンセラー小高千枝さんが「ネット依存と買い物依存」という視点か論説されていました。大変興味ある話題です。司会の堀潤さんも気づくと毎日ポチっとネットで買い物をしている自分にハッとするーなんて言ってましたね。今のところ、私はフリップで出された買い物依存のチェック項目に当てはまるものは少なかったですが、商品のチェックなどでネットを閲覧する時間は増えているかなーと思います。
なるべく、本は本屋さん(4年位前まではネット購入の方が多かった)、その他欲しいものでもリアル店舗に足を運んで購入するようにしています。それでも、例えば90ℓのごみ箱など大型のものは自家用車を所有していないこともあって、画面上でポチッとします。

シンプルライフ、断捨利が推奨される一方で、インターネットと共に新たで斬新なアイディアは結果的に大量消費・大量廃棄を後押しするシステムにもなっていく可能性も含んでいます。「ヒトの欲望」は青天井、と言われ、インターネットによって情報は瞬時に伝わるようになりました。最新を捉えなきゃという感覚に襲われますが、消費者の三歩後ろを歩くくらいがちょうどいいかもしれません。最先端を歩いていたら消費者の姿はわかりません・・・消費者が捨てたものを拾い集める廃棄物処理やリサイクル事業という仕事に長年携わっていたせいか、そんな感覚が残っています。ただ、時に消費者の前にぐいぐい出て消費者の捨てる量を調整・減らす仕事にも携わっていますし、最近はこっちの方が多いです笑 



by AKIO_TAKE | 2018-10-01 09:24 | look/gaze