<   2018年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今夜のNHK「首都圏情報ネチタドリ!」 あなたの知らぬ間に 都心バスの減便の謎を追え

いま、路線バスでは乗客が多いのに減便するという事態が起きていて、渋谷-新橋間、品川-新宿間などの利用客が多い都営バス路線でも、住宅街では黒字なのに減便され、さらには廃止となるバス路線が起きているのは何故なのか、その理由を探る検証とリポートをしていました。
私も週に3、4回は路線バスのお世話になっていますがバスの運転手という仕事はトイレに行きたくてもガマン、バス内の乗客にも目配りし、乗客の健康状態やトラブルにも気を配り、そして渋滞や道路工事と格闘しながら時間通りに運行する綿密さも要求され、じつに大変な仕事だと思います。

番組では過酷な労働環境や条件の割には低い年収、待遇が改善できず、結果、運転手が足りなくなりやむなく減便となる。バス運転手の平均労働時間は1ヶ月で210時間、全業種平均より30時間も長く、平均年収は448万円で全業種平均に比べて1割低く、入社4年で約半数が退職している、と紹介していました。

過疎地では人口減少に伴う利用客の減少、そして赤字になり減便または路線廃止という事実はそれこそ10年以上前からありました。そして今回のリポートは都心部で黒字でも減便になっていくというものですが、この現象も急に起きているわけではないです。7~8年前から、にわかに運送事業ドライバー(バス、トラック、タクシー)が集まりにくくなっており、運送業界では要対策事項になっていました。荷主さんや路線バスの運賃値上げで待遇改善の財源を確保したいところですが、需要への影響が大きすぎるため、労働環境の改善にはつながりにくいのが実際のところ。解決課題は残されるものの、自動運転の試験走行を数多く実施し、なるべく早く導入することが肝要では・・。

都営、市営、民間のバス会社の減便、廃止は公共交通の崩壊を誘発しかねません。少子高齢化社会において公共交通の利用が少なくなることは人々の動きが抑えら、経済活動にもジワリ影響してくるのではないかと思います。都心部とはいえ、住民にとって生活に欠かせない交通手段ということは社会的にも大きな意義があります。社会的意義という側面から捉えれば、バス運営会社だけの問題ではなく住民、地域、私たちも一緒に取り組む必要があると思いました。


a0259130_22571981.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-30 22:34 | look/gaze

師走へ

褐色の落ち葉の吹き溜まりに歩をすすめる

a0259130_22380807.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-29 22:38 | unclass

孵化装置

けさのNHK「おはよう日本」で、栃木県日光市の地域活性化の取り組みをリポートしていました。日光と言えば東照宮など観光資源も豊富という印象があるものの、その経済効果は一部に限られ、毎年の人口減少に歯止めはかからず、特に10代・20代の若年層は10年で25%の減少となっているそうです。学生時代に東京で就職した美容師が地元に戻ってきた目にしたのは厳しい現実・・なんとか若い方に地元に関心を持ってもらいたいと商店街の空き店舗を活用し、自ら様々なイベントを実施。自治体も高校生と大学生が運営にかかわる映画祭を開催し、新たな街の魅力づくりに取り組む様子を伝えていました。

高校生や大学生に参加してもらうには、どのようなPRをしたら良いのか、それがわからない。ただ、その世代と繋がっていかないと町づくりは衰退してしまう。そうインタビューに答える美容師の方、そして高校生は「日光に住んでいて日光のことを考える機会がなかったので、イベントに参加して良かった」と。

高校生の感想は凄いなーと感心します。なぜって、自分が高校生の時にはイベントに参加することも無く、まして自分の街について詳しかったかと言えば、NO NO NO!
そんな私でも、今している仕事は若い方たちが気持ちを豊かにし、人との出会いを促したり、余計なお世話かもしれませんが色々な環境や暮らしという視点からチャンスにかかわれる機会を提供することです。若い世代の可能性を発揮させる、孵化装置のような場をたくさんつくっていきたいなぁと思います。

このリポートを見た後に、若い世代と古着とリメイクのプログラム案ディスカッション。さて、ミドル後期も世の中に後れを取らないようにがんばりましょう。

a0259130_17573557.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-28 17:57 | work

あっという間に

薄暗くなったなーと感じる間もなく、街頭やネオンが灯り、夜の準備をはじめる・・この頃。

a0259130_22314381.jpg


a0259130_22320425.jpg


a0259130_22322007.jpg





[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-27 22:32 | unclass
a0259130_11565042.jpg
日本では「定額制」という呼び名の方が座りが良いようですが、提供する商品やサービスの数ではなく「利用期間」に対して対価を支払う「サプスクリプション」というサービス方式。ダイヤモンドオンラインでも取り上げられていて、定額制の企画やサービスが拡大しているようです。

イマドキのサプスクリプションとはちょっと異なりますが、かつて働いていた会社でも1ケ月の廃棄物処理費を「月極(つきぎめ)」として日々の廃棄物の排出量問わず、毎月定額でお支払いを頂く契約形態がありました。排出量問わず、といっても契約当初に、ある一定期間計量して概ね1ケ月の排出量を予測、その排出量に「集める費用や焼却処理費を合わせた処理単価」をかけて月極金額を設定するものです。

定額制は、毎月確実な入金が期待できるし、予め金額がわかるので支払いに対するハードルも下がるというメリットがあります。半面、その契約金額がサービス提供側・受用側双方にとってお得なのか損をしているのかのチェックが甘くなりがちです。そのメンテナンスも社会動向を見計らいながらチェックすることが重要なのですが、つい中小企業ではそこまで手が回らない、なんてことも良くあります。でも、顧客との接点があるとうことは様々なコンタクトをとることが十二分に可能な状況下にあるとこ言うことですよね。

サプスクリプション事例はSNSで多く紹介されていますが、ダイヤモンドオンラインでは老舗ギターメーカー「フェンダー社」の事例を紹介しています。フェンダー社の売上の半数は初めてギターを購入する初心者とのことですが、じつにその90%が購入1年後にギターに触れるのをやめてしまうとか・・・そこでギターを購入した初心者向けオンラインギター学習システム「Fender Play」を2017年7月からスタート。トライアル期間を過ぎたら、ひと月約20ドルで継続してレッスンをうけられます。
スマホ・PCから登録すれば、スタンダード曲のレッスン動画を通してコードやリフを学ぶことができるというもの。ギターを買ったはいいけれど、上達に時間がかかったり、周りに教えてくれる人がいなかったりすると、つい飽きてしまいギターに触れなくなってしまう。こうした事例はギターに限らないですね。

カリキュラムの構成には初心でも飽きないようにと、信頼ある音楽学校のプログラムを参考にしたり、教育機関のインストラクターと連携して、筋肉の記憶促進や維持を効果的にする仕組みを取り入れているそうです。
現在すでに保有しているお客様との接点をムダにしないで、チャンスとしていかに活かしていけるか。ボーとしてたら、怒られますね!


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-26 11:57 | work

同意

a0259130_12324980.jpg
特に駅などは注意して歩いていないと結構こわい思いをします。先日もエスカレーターを利用しているとき、前の方がエスカレーターを降りたら、急に歩みを止められたので慌てて右側に避けて難を逃れました。午後のおやつタイムの頃なので、エスカレーター乗降者数もまばらで良かったです。通勤時間帯だったら将棋倒しになりかねないですもの・・・。

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-25 22:32 | unclass

人間次第

インドネシア沿岸で見つかった死んだクジラの胃の中から、プラスチック製のカップやポリ袋など1000点以上、重量にして約6キロ分のプラスチックごみが見つかった。死んでいたのは体長およそ9.5メートルのマッコウクジラで、スラウェシ島南東部のワカトビ国立公園にあるカポタ島付近で発見された。胃の中からは、プラスチック製のカップ115個、ポリ袋25枚、ペットボトル4本、サンダル25足、さらには1000本以上のひもが入った袋などが出てきた。世界自然保護基金(WWF)の専門家は、「死因は解明できなかったが、あまりにひどい現実を目の当たりにした」とコメントしている。(CNN 2018.11.21記事より抜粋)

プラスチックごみによる海洋汚染のニュースが日々増えて、世界的に有名な飲食チェーンもプラスチックストローの使用を廃止すると発表したり、プラスチック製品に対する風当たりがつよくなっています。プラスチック製品の身になってみれば、成形が容易・軽い・割れない・コスト面で有利という理由から人間が積極的に製品開発を行い、使用・消費を進めたのに、そして人間の処理・処分が悪いのに、なんで私たちプラスチック製品が肩身の狭い思いをしなきゃならないんだ、とそんな聞こえない叫びと人間の都合に翻弄される切ない感情が伝わってきます。

海洋汚染報道に並んでバイオプラスチックなど環境に良いとされる代替え製品の開発や新たな技術や未開拓市場の魅力もたくさん報道されるようになりました。そのこと自体は良いことなのですが、そちらばかりが注目されて、やっぱり使い終わったプラスチックに人間は関心を持つことがなかったのね、とならないように注意しなければなりませんね。

相変わらすの一本調子ですが「ごみは人が関心をもって行動した後に残るもの、そして、人の無関心がカタチになったもの」を私の人生観のひとつとして色々な仕事に取り組んでいきたいと思います。

a0259130_10274803.jpg
※写真は2009年9月 横浜 像の鼻




[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-22 10:28 | 環境
参加者は「地域在住の60歳以上の男性15名程度」とお聞きした時、地域で男性だけって正直珍しいなぁーと思い、テーマは「リサイクルの意義と分別の基本ルール」でお願いしますということで、ちょっと堅い感じになりそうーと勝手なイメージを抱き、リサイクル出前講師の会場に向かいました。PCにプロジェクターをつないで映像調整をしていると参加者のみなさんが集まり始め、「つかみ、どーしよー」とドキドキ・・・

定刻となり地域ケアプラザの職員さんのご挨拶がはじまりました。「きょうは5回シリーズの4回目となる、メンズ家事力アップ講座 男子の家事塾にようこそ!」

なんですと~そんなこと聞いてなーい! と同時に、へぇーオモシロイ講座だ~と。ここではじめてホワイトボードに貼られたA4チラシに気づきました。職員さんのご挨拶中に家事塾のプログラムをみたら1回目は「調理の基本」に続いて「知っておきたい栄養の豆知識」「洗濯の基本(洗剤の量と種類・選び方・洗濯頻度・洗濯物の干し方、たたみ方)」とあり、そのあとに「ゴミ分別の意義と具体例」が。

ゴミ分別を「家事」というカテゴリーにいれてメンズ家事力アップにつなげるとは。。。新しい観点で新鮮です。なぜ、家事のプログラムシリーズに選択されたのかは、しばらくしたら戻ってくるアンケートの時にでもきいてみよう。新しい展開ができるかもしれない。
で、このプログラムを受けたいと即座に思ってしまった自分の素直さにもビックリ、苦笑い。そんなお年頃になったんだなぁー

a0259130_21072270.jpg

[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-21 21:08 | work

地球の使い過ぎ

地球が生産してくれた1年分の自然資源を、私たち人類が使い果たしてしまう日のことを「アース・オーバーシュート・ディ」と言います。
2018年は8月1日に使い切ったと国際シンクタンク「グローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)」が発表しました。
https://www.wwf.or.jp/activities/news/3683.html

人による消費の量が、自然による供給量を上回る。人類が生み出す環境負荷は、地球が自力では再生できない環境を作り出し、年々蓄積されている負荷の状態が1972年以降続いているとするデータです。

ちなみに2015年は8月13日、2017年は8月2日でした。
このままのペースで行くと2030年は6月28日になると予測されています。このままだと2030年には地球上で暮らす人類全員の生活を維持するには地球が2つ必要になるということ。地球は一つなので、それはどう転んでもムリ。もちろん、ごみ排出を少なくして分別の精度を高めて、もっとリサイクルして、そうしているうちに様々な分野でライフスタイルを維持するための技術も向上するでしょうから地球を2つ用意することはないかもしれない・・ただ2030年ってあと11年。あと11年しかないとして取り組みを進めていくのか、まだ11年あると思って取り組むのか。

一方、GFNは1人あたりのエコロジカルフットプリントが削減されつつある国もあると報告しています。2000年比でシンガポールは32.1%減、デンマークは19%減、米国は18.4%減、英国は16.6%減、フランスは15.5%減(参照 https://unfccc.int/news/earth-s-annual-resources-budget-consumed-in-just-7-months )となっていますが、ただ世界人口は増加の一途であることを忘れてはいけません。

※エコロジカルフットプリント 
人間活動により消費される資源量を分析・評価して、人間の生活や事業などがどれだけ自然環境に依存しているかについて、主に自然資源の消費量を土地面積で表すことにより、わかりやすく伝える指標のこと。言葉の意味は、自然生態(エコロジカル)を踏みつけた足跡(フットプリント)であり、ブリティッシュ・コロンビア大学で開発された。環境省は「人ひとりが持続可能な生活を送るのに必要な生産可能な土地面積(水産資源の利用を含めて計算する場合は陸水面積となる)」として啓発している。
(11月26日 加筆修正しました)


[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-20 23:27 | 環境
きょうは横浜中華街発展会協同組合コンシェルジュ委員会の会議にも参席。16日に開催した中華街フィールドトリップの報告や春節2019で行う「春節コンシェルジュツアー」企画の打ち合わせなどを行いました。おかげさまで春節2018で復活したツアーはお客様からも好評を頂き、コンシェルジュの資質向上にも寄与することから春節2019では3回実施する予定です。

議題を無事に終えた後は情報交換タイムです。議題対応の時間ではないので、急ぎ所用がなければ席に残り、各店舗で抱えているお悩みや課題解決に向けてのフリートーク。現在、横浜中華街には多くのお客様に訪れていただき、「街」や「食」を楽しんでいただいていますが、どの業界・業種でもみられるような働き手の確保が課題解決焦点のひとつになっています。募集をかけてもほとんど電話が鳴らない、メールでの面接申し込みは限りなくゼロに近いなど・・
また、委員会参加者は各店舗の将来の責任者候補者なので、各自、井の中の蛙とならぬようにと努めていますが他業種で活躍する方たちとの交流機会に乏しいのとが悩みの種。笑顔が無くなる忙しさ、それはそれで嬉しいことなのですが、お客様層の変化や食に対するこだわりなど、時代と共に移り行く消費者嗜好を想像し、どう対応していくか・・悩みは尽きずですが、進みながら試行しながらそれぞれの店舗にあった最適な解決をサポートしていき、私も一緒に成長していきたいと思います。もっと外界を体験したい、その気持ちをより高められるように・・。

a0259130_10582277.jpg



[PR]
by AKIO_TAKE | 2018-11-19 23:25 | work