人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ありがとう

a0259130_18412469.jpg

a0259130_18385073.jpg

みなとみらい線「元町・中華街駅」から港の見える丘公園につながる谷戸坂の桜並木。
一息つきたいところに咲く7本。2019年のシーズン終了後に伐採され、桜の更新工事が行われるとのこと。

優美な曲線を描く坂で素晴らしい景観を楽しませてくれました。長い間、ありがとう。





by AKIO_TAKE | 2019-03-31 18:41 | unclass

耳を澄まして

プラスチックによる海洋汚染問題が頻繁に取り上げられている昨今ですが、EU下院の機能を果たす欧州議会は3月27日、問題の原因となる10大使い捨てプラスチック(マドラー、風船の柄、分解性が弱い酸化型生分解性プラスチック、食器など)の使用を全面的に禁止する「使い捨てプラスチック指令案」を正式に可決しました。
禁止対象とならなかったプラスチック製食品容器と飲料カップについても削減目標を設定するとのこと。またベッドボトルについても、2029年までに分別回収率を90%にまで高め、キャップがペットボトルから外れないようにする製品設計も義務化されました。

1970年、アメリカでマスキー法という大気汚染防止法が制定されました。大気汚染の原因物質である一酸化炭素と炭化水素を1975年から、窒素酸化物を1976年から、ともに従来の10分の1に削減した車でなければ販売を認めない、という厳しい内容の法律でした。(その後紆余曲折あった法ですが・・)
当時、自動車業界の覇権を握っていたアメリカ自動メーカーはとてもクリアできないと困惑する一方、日本ではこの法案を契機として自動車の低公害化が進み,段階的に排出ガス規制も厳しくなり、2000年にはとても厳しい排ガス規制法が成立しました。結果的にマスキー法は日本の公害防止技術力の高さを世界に知らしめたきっかけとなった法律、という見方をする自動車評論家もいらっしゃいます。

プラスチックによる海洋汚染問題に対して何の措置も取らなかった場合、「2050年までに海に浮かぶプラスチックの量は魚を越えるだろう」と将来を危ぶむ発言をした欧州議員。

神奈川県、横浜市では統一地方選挙が行われています。今夏は参議院選挙です。国が制定した法に対して、施行後の具体的な事業をどのようにフォローアップするかは、地方自治体の役割です。海洋や港のみならず、河川・美しい山間部を発展基礎とする地方自治体でもある神奈川県、横浜市。投票日の4月7日まで環境施策を決定する議員候補者の声に、じっくり耳を傾けたいと思います。

そんな神奈川県、横浜は昨日から花冷えの日々。気まぐれな天候が続きます。くれぐれもご自愛ください。

a0259130_10052910.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-03-29 23:06 | 環境

注視したい条例

他の人に迷惑がかかる恐れのある行為の抑制を目指す「公共の場所におけるマナーの向上に関する条例案」が22日に鎌倉市で可決されました。

迷惑行為には
・他者の衣類を汚損するおそれのある狭あいな場所や
 混雑した場所で歩行しながら飲食を行うこと。
・車道で立ち止まって撮影を行うこと
・線路の側等危険な場所で撮影を行うこと
・舗装されていない山道等の狭あいな場所や混雑した
 場所で、走りながら歩行者を追い越し、又は、すれ違いを
 行うこと。
などが挙げられています。

テレビやインターネットの報道では「食べ歩きマナーの向上を」のタイトルに、飲食しながら歩く観光客の映像が流れていますが、そもそもは2014年3月に山中のハイキングコースで走るトレイルランによる接触事故防止が市議会で採択されたことが条例化のきっかけとされています。実際、条例が素案の段階ではトレイルランに関する意見が多く見受けられました。

(食べ歩きはごみの不法投棄にもつながり、今、頻繁に取り上げられるプラスチックによる海洋汚染の一因にも挙げられており、環境汚染の側面でも注意が必要です) 

鎌倉市は、第3期鎌倉市観光基本計画(平成28年度~37年度)で、「誰もが『住んでよかった、訪れてよかっ た』と思える成熟した観光都市」を目指すことを基本理念として掲げています。

商と住が共存し、かつ、賑わいのある持続可能な街を維持、発展させていくための条例でもある、と思います。鎌倉市は神奈川県内でも有数の観光地であり、伝統文化が息づく街です。文化の価値を見据えながら、どこに何をつくるのか、つくる場合の様式・素材・設計をどのように決めるのか。そして条例を策定するならば、どんな視点を持つ必要性があるのか。注視したい条例です。

a0259130_23085890.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-03-27 23:11 | look/gaze

家路へ

ふんわり あたたかくて 心地よいうちに
a0259130_17232378.jpg

a0259130_17234565.jpg





by AKIO_TAKE | 2019-03-26 17:25 | unclass
まもなく開幕するプロ野球。いよいよですねぇ~今年はどんなドラマが観られるでしょうか、楽しみですね。
昨日、書店で見かけ購入した「二軍監督の仕事」、著者は使い手の少ないとされる変化球シンカーを武器に、ストッパーとしても大活躍した元ヤクルトスワローズの高津投手。日本だけでなく、韓国・アメリカ・台湾と世界の球団を渡り歩いてきた経験が「育成」という仕事にピッタリだなぁと思いながら読んでいます。まだ1/3しか読み終えていませんが、社員指導にも参考となる指針が詰まっていそうな感のある一冊。読了が楽しみです。

a0259130_23434875.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-03-25 23:45 | book

ほらほら

春だよ

a0259130_14485834.jpg


a0259130_14491287.jpg

a0259130_14493483.jpg


a0259130_14500558.jpg






by AKIO_TAKE | 2019-03-24 14:50 | unclass

更新は忘れずに

a0259130_15194798.jpg
ベストセラー「チーズはどこへ消えた」の続編。寓話な雰囲気は後退し、実用書的な印象ながら、深い話をシンプルに短くまとまっているところ、さすがです。
1時間もかからずに読了でき、手軽に自分の考えを更新することは意外と簡単かもと、ふぅーと心を軽くしてくれる一冊でした。

by AKIO_TAKE | 2019-03-21 15:20 | book

観察素材

けさ、「売れ残り商品をネットで再販へ」というニュースが配信されていました。報道によると、佐川急便とインターネット通販のオークファンのグループが、西日本シティ銀行と提携し、融資先の中小企業が抱える売れ残った食品や日用品などを、インターネットで再販する事業に乗り出すとのこと。国内で廃棄される商品在庫は年間22兆円にのぼる、といったデータもあるそうです。

オークファンが廃棄されそうな在庫商品を通常価格より安く仕入れ、自社サイトの「Otameshiオタメシ」などで割安に販売し、佐川急便が集荷・配送を担うスキーム。いわゆる顧客同士を引き合わせるビジネスマッチングの手法です。値崩れを防いだり、品質に問題がなくても廃棄される商品は本当に多いです。

新古品(再販)が消費者に受け入れられ、廃棄が延期されれば、資源採取から原材料の調達、製造、 加工、組立、流通を経て、長く使われ「もったいない」の視点からも、モノを大切にする意識向上の観点から、社会的に商品の価値があがることにつながります。(値段はともかく・・)

他方、そもそも余剰生産という観点からはどうなんだろう、という見方も取り入れて、商品の「使用」や「再利用・廃棄処理の方法」といった部分的なプロセスだけで評価するのではなく、つくられた商品が環境負荷の低減につながらるような利用の在り方を考えるのに良い事例かなと思いました。ただ、社会問題化している食品などの大量廃棄を減らす処方箋として注目されそうですね。

それにしても春夏秋冬、街はいろいろな表情を見せてくれるから歩くのが楽しい。花壇じゃないところも春は進んでますね。

a0259130_17294453.jpg

a0259130_17321729.jpg






by AKIO_TAKE | 2019-03-20 17:29 | look/gaze
昨日、横浜市中消防署開設100周年記念の一環として開催された防災講習会に参加してきました。横浜開港資料館の吉田様による「大火災に向き合った人々」をテーマに関東大震災と横浜消防体制についてと、もう一方は、危機管理アドバイザー国崎信江さんの家庭や地域でできる防災をテーマとした講演でした。

もう12年くらい経つと思います。国崎さんをお招きして防災セミナーを主催したことがあります。とても丁寧にお話をされる印象が残っていたこともあり、ひさしぶに聴講させていただきました。政府の中央防災会議にも参加されたり、東日本大震災や熊本地震の際にも現地へ赴き、救助・救援活動に携わってこられた経験の蓄積は以前とは全く異なり、優しい話し方ながらも鋭い提示と言葉で、聞く者を引きずりこんでいきます。

首都直下型地震が本当に発生した場合、どうなるかなんて想像できません。揺れに耐えたとしても、その後何日間にわたって不自由な生活を送らなければならないかは、未知の世界です。想像ができないわけですから、被災地を何度も訪問されていらっしゃる方の講演は貴重な機会です。

個人的に自然災害を学ぶことは地域の暮らしを考えることに役立つという思いから、これまでも色々なセミナーに参加したり、防災士はじめ、防災に関する資格を取得したり、訓練等にも足を運んできました。これは続けていきますが、昨日の講演の中での食料備蓄に関する話は、私の防災知識の更新が滞っていることを認識させられました。また、避難所に何度も行かれた経験者が発する言葉は、いかに「非日常によって起こる出来事を想像することが困難」かを改めてつよく問われたように思います。「あなたは防災な関心があり本を読んでいるけれど、ご家族はどうでしょう?」の問いかけと、20年に亘り、災害現場を見てきた方の「どうぞ、自然災害を生き延びてください」という最後の言葉がとても印象に残り、とにもかくにも家族にもっと関心を持ってもらえるように何をしたらいいかを考えたいと思いました。

a0259130_11130419.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-03-18 11:17 | 防災

ありゃりゃ

ポスター貼っても見えないじゃん、これじゃ・・
告示日がちかくなったら、街路樹を低くしたりするのかな。

a0259130_22315937.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-03-17 22:32 | unclass