人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ごみ問題って・・③

「公衆衛生の向上」時代の後半となった戦後は、急速な経済発展による都市ごみの大量廃棄への対応が急務となりました。人力による運搬やごみ処理方法ではあっさりごみが街中にあふれてしまうことはあきらか。押し車からトラックへと積み替える作業も路上で行わており、ごみの飛散による公衆衛生の悪化が懸念されました。

都市ごみ問題という課題解決のため、1954年(昭和29年)に「清掃法」を制定。従前の市町村がごみの収集・処分を行う仕組みに加えて、国と都道府県が財政的・技術的援助を行うこと、住民に対しても市町村が行う収集・処分への協力義務を課すことなどが定められました。

しかし時は戦後の高度成長期を控えたころ。今から考えれば、結果的に大量生産・大量消費・大量廃棄を乗り越えられたのは、適切な表現ではないですが、なんとかギリギリで「ごみ」を処理できていたから。ただ、現実には重大な健康被害をもたらした公害問題を引き起こし、経済成長の陰には大きな犠牲が伴ったことを決して忘れてはならないと思います。

「清掃法」から8年後の1963年(昭和38年)、生活環境施設の緊急かつ計画的な整備を促進することで、生活環境の改善と公衆衛生の向上に寄与することを目的に制定した「生活環境施設整備緊急措置法」の中で「生活環境施設整備五ケ年計画」が策定されました。この計画で「ごみを処理する」ことに対しても中長期的に視点が法に持ち込まれたと解してよいのかもしれません。

同計画で、ごみの焼却施設等の処理施設の整備方針を定めたことを契機に、各都市でごみ焼却施設の導入が促進され、ごみの収集・運搬に関しても、効率的・衛生的な作業を目的に、地方自治体と民間の協働で「収集作業の機械化」が推進されていくのです。街の中で見かける機械式塵芥車も1960年代後半から使われはじめました。

a0259130_14245995.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-06-29 14:25 | 環境

予測変換の充実を

横浜中華街コンシェルジュツアー。
心配された台風も午前中の早い時間に抜け、なんどかリピートいただいている消費者団体をご案内いたしました。
幹事役の方は3回目の参加となりますが「毎回楽しみにして来ています」の言葉を頂ける機会と、リピートしていただく方々に新たな「おいしい」「知らなかった」を伝える機会があることは本当にありがたいことです。ルートや説明役を変えるだけでもツアーの印象も変わりますので、ちょっとした工夫にくわえ、なによリ市民とのダイレクトな交流は固定観念や思い込みを粉砕する絶好の時間です。

「こんな料理見たことない」という感想を頂くことも多い、このツアー。店舗側のサービスに感謝しつつ味わいながら、お客様の一言一言に一気に脳が高速回転をはじめます。「おーそうかー、中華料理の多彩さが全然伝わってないや」「自己満足してる場合じゃないなー」など、次のツアーに向けての素材があふれてくるのも、このツアーの醍醐味です。

文字だけメニューでは料理の見た目や味が浮かびづらいことから、写真で料理の特徴や味を連想させるのは当たり前・・・「でも、例えばエビをつかった調理法や味付けの異なる写真を3枚お見せすると、お客様が選ぶのは家庭でも食べることのできる「エビチリ」を頼まれることが多い」、だから、家庭でも食べられるような定番とされる料理を提供する、もしくは勧めることがあると卓をかこみながら、そんな意見もだされました。もちろん、店舗側も色々な調理法でつくられた料理を提供したいので、写真をお見せしながら調理の方法や特徴は説明しています。ご予算によっても提供する内容が異なるので一概に断定はできませんが、やはり、「思い込み」「慣れ」はとてもリスキーだし、「選んでいただく、あと一工夫」に今一歩及ばず、という状態にあるのかもしれません。

異なる3種類の写真を見せて「エビチリ」を選ぶなら、やっぱり、食べたいのは「エビチリ」なんだと店舗側が思い込むことが硬直化している証だね、と反省しきり。
3種類の写真を見せても「エビチリ」は食べたことがあるけれど、他の2つの料理はそもそも食べたことがない。つまり、お客様は「知らない」から注文しない、という心理行動に対応できていないことになります。

お客様の反応に対して、中華街の予測変換が錆びついている可能性もあります。このあたりの検証は難しいことですが、観光産業の競争を勝ち抜いていくためにも、横浜中華街コンシェルジュツアーが果たす役割は大きいと思います。

a0259130_10004437.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-06-28 22:01 | look/gaze
あすから始まるG20サミットの交通規制に伴う物流の影響について、色々と予想される心配事を情報番組が伝えています。今回の都市部で開催されるサミットは来年東京で開催されるオリンピックの事前検証的な意味合いもあるようです。しかし、早朝に1台も走っていない高速道路、なんとも言えぬ違和感がありますねぇ。

番組ではコンビニやスーパーが配送の遅れに伴う欠品を最小限に抑える工夫を伝えていました。2日間とは言え、大都市大阪ですから、商品配送などの物流を滞りなく済ませることは最大のテーマかもしれません。
例えば、今回のような機会に「欠品を許容する」というテーマをもって、サミットを迎えてもよかったのでは、そんなことを番組を見ながら思いました。6月15日・16日にはサミットに先立って、長野県軽井沢で「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」も開催されたことですし、地球環境という大きな視点も必要ですが、大きな視点を現実のものにするのは、日常のライフスタイルに対する思考や行動の転換が欠かせません。

福岡県柳川市には、欠品を許容し、高齢が進む自治体で、近隣の競合店がある中、地元の顧客に愛されているスーパーがある・・世界の偉い方たちをお迎えしているときに、そんな社会実験的なことはできるわけないでしょ!とおしかりを受けそうですが笑

ともあれ、ビジョンを達成するには「実際」を積み重ねていかなければなりませんよね。私は私なりにコツコツと。

by AKIO_TAKE | 2019-06-27 10:13 | look/gaze

ツルッと

週明けの月曜日、この雨でアジサイも喜んでいるだろうな~と呑気に歩いていたとき、ちょっと勾配のあるタイル路に足を踏み入れ、ツルッと・・転倒は免れたものの股関節がイタタタッ。
アッパーはなんも問題ない靴でしたが、セメント製法シューズなのでソールが交換できず、ヒールはまっ平状態のまま履いていたのがいけなかった。残念だけど寿命だったのかなー。
レントゲンは異常なし、と良かったけれどイタタッとちょい不便な日々。雨降りの日は、排水溝の蓋やマンホール、マンションやビルの入り口に敷かれている大理石なんかは要注意!

by AKIO_TAKE | 2019-06-26 22:22 | unclass

ごみ問題って・・②

a0259130_23384611.jpg

開港に伴い外国人居留地が設けられた横浜をはじめ、明治期以降の日本は人と物の交流が活発となり、伝染病を媒介するハエ、蚊、ネズミなどの繁殖場所となるごみ置き場を含む街全体を清潔に保つこと、つまり、公衆衛生の向上が重視されるようになりました。

そこで、1900年(明治33年)に公衆衛生の向上を目的とした「汚物掃除法」が制定されました。汚物掃除法では、ごみの収集・処分を市町村の義務として位置付け、ごみ処理業者を行政の管理下に置き、清掃行政の仕組みを作りました。ただ、仕組みはつくられたものの、横浜市ではあいかわらず池や沼地に捨てられていたのが実際だったそうです。ごみの埋め立て投棄は消毒されることもないので、衛生上、問題があるとして市民、行政、議会などで議論が繰り返され、焼却処分すべしとの結論に至りました。ただ、横浜市で焼却場が完成したのは、1931年(昭和6年)に焼却炉12台・1日250トン処理、排熱で発電設備を備えた滝頭じんかい処理場と、焼却処理ができるまでには大変長い歳月を要しました。

人口が増え、モノの交流(経済活動)が活発になればなるほど、公衆衛生への対策は重要度を増していくのです。地球上の国の中には、かつて横浜や日本が経験した公衆衛生の確保に大きな労力を割いているところもあります。そうした観点から、ごみ問題は、公衆衛生の確保が目的で、ごみ処理は公衆衛生確保の手段であるとも言えます。



by AKIO_TAKE | 2019-06-24 07:52 | 環境

ごみ問題って・・①

今は日常生活から出る燃えるごみや資源物は、横浜市資源循環局の車両やごみ処理の許可を得た民間事業者が集めに来て、焼却施設やリサイクル施設へ運んでくれます。このような仕組みは、だれでも当たり前のこととして認識しています。しかし、横浜が開港した1859年の160年前、当時の日本人は衛生観念に乏しく、横浜や日本国内では湿地や沼地、低地などにごみを捨てとても不衛生な状態でした。わずか160前のことです。

1868年(明治元年)、横浜市の人口は約28,000人となり、下水などの浚渫、道路・橋の清掃も行われるようになりましたが、集めたごみは沖合に海中投棄していたそうです。1889年(明治22年)、横浜に市制が施行され、人口は約116,000人に。この頃は、ごみ運搬人を雇い、料金を支払ってごみを集め処理をしていたようですが、相変わらず集めたごみは沼地などに捨てられていました。

当時のごみ処理は、どんな状況を引き起こしてしまうのか、次のようなことが想像できます。
1. ごみがそのまま捨てられているので、軽いごみ(今でいえばレジ袋など)が周辺に飛び散ってしまう。
2. ハエやネズミなどの病害虫がごみの中の食べ残しなどをあさりに集まってきて、繁殖し、伝染病等を媒介する危険性がある。
3. 食べ残しごみ(生ごみ)が分解する過程で発生する悪臭やメタンガス等がそのまま周囲に発散してしまう。
4. 雨水が内部に入って汚水となり、周辺の地下水や河川を汚染してしまう。

湿地や沼地、低地に捨てて、埋め立てという名目で処理できているうちや、自然の力で、ごみの分解が間に合えばいいのですが、埋め立てや自然の力での処理が限界を超えてしまうと、上記1~4の問題は「現実の問題」として私たちの生活を脅かし、公衆衛生に深刻なダメージを与えはじめます。

a0259130_21055589.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-06-23 21:06 | 環境

心なしか花もさみしそう

新庁舎がまぶしい横浜市役所
現庁舎はどうなるのだろう
この看板 補修されることはないのかな 
お花もきれいだけど なんか さみしそう 不思議です

a0259130_11183017.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-06-20 11:23 | unclass

スタジオに

今日は今年初企画の音楽×環境 対バンやろうぜ!のPRで、音楽スタジオへ。
壁に張り出していただけませんかー、とか、参加対象者が練習に来たら渡してくださーいなど、
そんなお願いをさせていただきに40分ほど訪問してきました。あしたは、もう少し時間取れそうなので、
電車に乗ってあちらこちらへ。

チラシ配布に協力できますよーという方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いします!

a0259130_23551369.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-06-19 23:56 | かんきょうデザインプロジェクト

引き込まれそう

今日は、かんきょう文化祭のPRで終日学校を訪問
いいお天気だったので、ドライブを楽しむように活動できました。
車は友人が貸してくれました・・ありがたい。

なぜかR246を走行すると、ステンレス製のローリー車に遭遇することが多い
なんだか引き込まれそうなので、より慎重に笑

あっ、渋滞でストップしているときにカシャッと。以前、同じような写真を投稿した時、
「走行中か!」と突っ込みをいただいたので、念のため💦

a0259130_08145319.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-06-18 23:10 | unclass

海ごみゼロウィーク(※)に予定していた清掃活動が降雨のため中止となったので、お散歩がてら、横浜市中区の山下ふ頭入り口周辺の掃除をしてきました。
支給されたゴミ袋がいっぱいあるので💦

a0259130_12482187.jpg

約30分ほどで30リットルの袋は満杯。

a0259130_12474169.jpg

このゴミ袋は「これ以上、海にごみを出さない」という社会全体の意識を向上させていくため、環境省と日本財団が海洋ごみ削減に向けた全国一斉の清掃活動のためにつくったので、なるべく海、河川付近のごみを拾うようにしますが、日常の清掃活動にもOKをいただいたので、ぽちぽち続けていきます笑

そして朝刊に目をやれば、深刻化する海のプラスチックごみ汚染などを話し合うG20エネルギー・環境相会合が開幕し、世耕経産相が「レジ袋の有料化を早ければ東京五輪・パラリンピックに間に合うように来年4月1日に実施したい」と表明したことを伝えていました。

じっと手を見る・・そんな心持。


(※) 5月30日(ごみゼロの日)~6月8日(世界海洋デー)前後まで


by AKIO_TAKE | 2019-06-16 12:59 | かんきょうデザインプロジェクト