人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今秋に行われる横浜市消防操法技術訓練会の練習にサポート部隊として参加。猛暑の中、選手の皆さん、お疲れ様です。

今日みたいなジリジリの下では堪えます。しかし災害はこちらの都合では起こりませんよね。そう考えると、猛暑では熱中症を防ぎ、厳しい寒さの中ではケガをしないようにするため、あっついけど、私にとっても、いい訓練の機会です。


a0259130_14333856.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-18 14:33 | 防災

烈々とした空の下で

蓮の花は泥中からしか立ち上がってこない。美しい環境とは言えない泥の中にはえて、それでも泥に染まらず美しい花を咲かせます。
人生になぞらえれば泥は「辛苦」「悲しい」「大変」なこと。

そう、人生も「辛苦」「悲しい」「大変」の中から立ち上がっていくからこそ、不遇で恵まれぬ環境に遭っても、強く堂々と生きることができる。
さらに泥が濃いほど蓮の花は綺麗に咲くのだそうです。

蓮の花のごとき人生を

a0259130_17340146.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-08-14 09:29 | unclass
実家は7代にわたって続く農場を経営し、家業を継ぐことをためらい、グリーンランドに新人教師として赴任したデンマーク人の若者、アンダースの体験を描くドキュメンタリー・アプローチ映画「北の果ての小さな村で」。グリーンランドはかつてデンマークの植民地でした。

1953年の憲法改正により植民地支配は終了。デンマークの一地方と同格の地位を得て、いまも近代化が推し進められるグリーランド。デンマークの同化政策が浸透する地方もあれば、本作の舞台となった町のように、何百年と厳寒の氷の世界で暮らしてきた人々の知恵と勇気と技術がつくりだす誇り高き暮らしが、今もなお続く地方もあるようです。

そんな地方の学校で近代の暮らし方しか知らない新人教師アンダースは、デンマークで身に着けたマニュアルに沿った授業を展開。当然ながら、赴任先の子供たちにとっての好奇心や自分たちの生活にアクセスできる教材がないので、学級崩壊同然に。本作は価値観の違いに苦悩しながら、これまで自分の行動を誘導してきた「私」のマインドセット(思考・先入観)に、赴任先のマインドセットを混成させながら、どうすれば社会に進展をもたらすことができるのかを探し出す。そんな問いが、映像から窺えました。

先述のように、本作は同化政策に「それがどうした」と背を向けているとも思える地方が舞台です。他方、デンマークとほぼ同様の暮らしを享受している地方もある。故にグリーンランドと言っても十把一絡(じっぱひとからげ)に論じることはできないと思います。
環境問題の観点からグリーンランドを眺めれば、レアアース、ダイヤモンド、銅など75種類以上の鉱物資源が地下に眠っていると言われています。この地下に眠る資源の採掘産業が本格的になればデンマークなど近隣の欧州諸国だけでなく、地球上の国々から注目を浴び、それこそ様々な価値観が否応なく持ち込まれていくはずです。

第4次産業が急速に発展してく中で、「動物と人」「植物と人」「人と人」「人と自然」など、他者との関わりに温かな交感がもてる環境保全活動を模索している私には面白い作品でした。

エンディングも良かった  https://www.youtube.com/watch?v=Nhs9nsLjUmI

a0259130_11172498.jpg
※文章作成にあたりパンフレットから文を引用させていただいています。

by AKIO_TAKE | 2019-08-13 11:19 | movie

もっと目を凝らしてみろ

墓前につくなり、微雨。なので本堂の軒先でしばし雨宿り。
なぜそこだけ土があるんだ?と足下に目を凝らしてみると、なにか動いている。

a0259130_15142305.jpg
石段には二つの小さな穴

a0259130_15174105.jpg
土のある方は、蟻さんたちがセミの羽を一生懸命に穴に詰め込んでいる せっせせっせと。
もうひとつの穴には葉を引きずりこんでいる

a0259130_15244507.jpg

夏の勢いにあふれた青空の日々に冬の蓄えだろうか。微雨も収まり、お花を供えると脳内に「物足りない」の文字が巡る。
蟻から見習えと、そのための微雨だったのか。。。
それにしても土や石ころは穴をカムフラージュするために運んできたのだろうか・・だとしたら、凄いな。


by AKIO_TAKE | 2019-08-12 15:50 | unclass

ピンクシャツ

「あっ」と気づいてから もう1年・・いや2年かなー 
激しい風雨もあったろうに ある意味 すごい。

a0259130_19064456.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-11 19:06 | unclass

ぼちぼちと・・

海ごみゼロウィークの袋を携え、中華街、元町、山下公園周辺の様子窺い。
きょうは、タピオカの飲み残しカップが目につきました。道路に転がっているものもあれば自販機の裏に置かれていたり。

a0259130_09500159.jpg
吸い殻のポイ捨て多いところだと、3歩以内にこれだけ拾える。携帯灰皿の普及が望まれ、それに、たばこの空箱も意外と捨てられています。

a0259130_09515261.jpg

a0259130_09532139.jpg

元町川岸通りの花壇に置かれた「KEEP CLEAN THANKS」のサイン、いいですね!
人は抑制(禁止)されると反抗したくなってしまいがちですが、感謝を言葉で伝られたり、文字で見たりすると自尊心が満たされます。不法投棄が絶えなかった場所に、禁止文句をやめて、感謝やお礼の言葉にしたら、捨てられるごみが減少するという効果が、実はあるのです。再度、中華街には提案してみようと思います。

a0259130_10463435.jpg
夏休みの山下公園、多くのお客様で賑わいをみせていますが、猛暑もあり、公園設置のごみ箱まわりには収まりきらない飲料用容器があふれています。清掃作業の方も朝早くから始動しています。
そんなわけで、ぼちぼちと・・

a0259130_10474332.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-10 10:51 | 環境

リメイクワークショップ

今日は、ファクトリーツアーで選んだ古着の「創作(リメイク)」に取り組むワークショップ。裁ちばさみでカットし、針やミシンで縫い合わせながら、自分の中にあるイメージをリメイク服に移し変えていく。

今年も新しいスタンダードがつくられてゆく、素晴らしい体験をさせてもらいました。キュートなリメイク服がいっぱい!!
11月の「かんきょう文化祭」などで披露します。おたのしみに!

最後に
ツアー及びワークショップをサポートしてくださった講師・コーディネータの皆さん、中高大学生の体調管理を面倒見ていただいた皆さん、ありがとうございました。無事に2日間を終えることができました。心より感謝申し上げます。

a0259130_08521351.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-09 23:51 | かんきょうデザインプロジェクト

ファクトリーツアー

環境問題は色々な要素が絡むことから、関心を持つことが難しいと言われています。しかし、「人は気づいた範囲では最善を尽くしている」と言われるように、「気づき」を得られれば、環境に対しても人々の「無関心」を「関心」へと導くことができます。

そして、環境問題は「人間の活動が原因」と言われています。これは、自然現象が原因なら人間は何もできませんが、人間が原因なら人間が解決できる、ということです。人間の活動が原因ならば、それは希望の光です。

今日は、ひとりひとりが解決に向けて行動できるように高校生、大学生と一緒に、家庭から集められる古布の選別工場を訪ねてきました。

古布のリデュース・リユース・リサイクルを学び、11月のかんきょう文化祭で披露するリメイク服の古着を調達しました。

あす、8月9日は調達した古着をリメイクするワークショップです。10時から15時くらいまで、シルクセンターB1(http://www.silkcenter-kbkk.jp/)で行っています。どなたでもご覧いただけるので、お時間あれば、ぜお立ち寄りください!

http://kankyo-design.org/fashionshow

a0259130_21172471.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-08 21:17 | かんきょうデザインプロジェクト

アップサイクル広場

昨年好評をいただいた「アップサイクル広場」を今年も開催!
2019年9月28日(土)、29日(日)の2日間、時間は13時~17時、会場は「横浜ワールドポーターズ 2階」です。

ウェブサイト http://kankyo-design.org/upcycle-02
事前予約等は不要です。直接会場へお越しください! 少し早い告知、スケジュール帳にチェックをお願いします。

a0259130_23414936.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-08-06 07:38 | かんきょうデザインプロジェクト

対バンやろうぜ! 

国境や世代を超え感動を伝えることができる音楽でたくさんの人に伝えたい!
今こそ環境問題に立ち向かえるのは君の声、音楽。

参加者募集中の 音楽×環境「対バンやろうぜ!」のフライヤー(A4 両面)が完成!

応募期間は9月15日まで!
申込フォーム http://kankyo-design.org/music_live

a0259130_23271021.jpg
a0259130_23275046.jpg



by AKIO_TAKE | 2019-08-05 23:27 | かんきょうデザインプロジェクト