人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

街の喧騒には遠く

a0259130_23382723.jpg

かんきょう文化祭の準備に費やした1日
パソコン作業多く、夕刻、少し時間を頂いて気分転換

a0259130_23381299.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-10-31 23:39 | unclass
この日だけではなくて、日々、食べ物は大切に。
https://www.wwf.or.jp/staffblog/news/4142.html

横浜市では食品ロスを、「食べ残し」、買ったはよいが食べきれなかった食品「手つかず食品」、野菜の皮を厚く剥き過ぎた「過剰除去」に分け、本来食べられるのに廃棄されてしまう食品に関心を持ってもらうよう啓発活動を行っています。なかでも、購入した状態で捨てられる「手つかず食品」の廃棄を食い止めることに注力しています。
横浜市資源循環局のデータによると、平成29年に家庭から出された「燃やすごみ」は548,514tで、うち「生ごみ」は33.8%の185,397t。この「生ごみ」の10%が「手つかず食品」で、その量は18,539t。

この18,539tを横浜市の家庭ごみを収集する2トン車両(2t積載と見立て)に換算すると年間約9,200台、1日あたり25台分の「手つかず食品」が廃棄されていることになります。

フランスでは2015年に世界に先駆けてフランス国民議会全会一致で可決した「売れ残り食品の廃棄を禁止する法律」 ができました。
制定 2015年05月21日 / 実施 2016年02月05日
◆ 廃棄予定の食品はフードバンクなどの援助機関へ送る
フードバンクとは・・(品質に問題がない食品を生活困窮者などに配給するシステム)
◆ 延べ床面積400平方メートルを超える店舗
売れ残り食品の受け入れを行っている慈善団体との契約を2016年7月までに結ぶことを義務付け
◆ 違反 最高7万5000ユーロ(約975万円)の罰金 または最大2年の禁固刑の可能性
◆ 廃棄食品の「破壊」禁止 漂白剤等
◆ 売れ残り食品については、家畜の餌や堆肥として転用
EU 年間総計9000万トン、1人平均180キロ廃棄している一方で、1600万人が定期的にフードバンク を利用。
2012年には欧州議会によって2025年までに食料廃棄量を半減するよう、EU各国に要請する決議が採択された。

日本でも10月に食品ロス削減推進法が施行されましたがフランスの法律のように罰則まで突っ込んだ法にはなっていません。国柄、考え方の違いがあるにせよ、購入した状態で捨てられる手つかず食品の廃棄は「ゼロ」にしたいですね。



by AKIO_TAKE | 2019-10-30 21:43 | 環境
台風15号、19号、そして大雨の浸水被害をうけた被災地は、いまも懸命な復旧と救助作業が続いています。昨年の西日本豪雨で被災した親戚は、とにかく「臭い」によるストレスが大変だったと言っていました。この9月、10月の災害も、復旧を阻む一因として災害ゴミ、そして異臭が挙げられています。災害ゴミの処理責任者である自治体は「分別されていないこと」が処理を遅らせていると、その心の内を吐露しています。もちろん言い分としては正しいのですが、被災者(自治体職員も含め)にとっては、この非常時に、思い出のモノを分別する心境に至らぬとしても、それは仕方ありません。

特に浸水による被害は食品の腐食を著しく早めます。災害に備えて非常食の保管が求められる一方で、被災時には非常食さえも災害ゴミとして復旧を妨げる一因になりかねないetc。うーん、どうしたらいいんだ~と投げ出したくなりますが、日常生活で必要のないモノは処分しておく、ということは今からでもできる自然災害に備えのひとつだと思いますので、もう使いそうもないものは思い切って処分してしまうことも、いつ自分の身に降りかかるかもしれない事態の軽減につながると思います。

毎年のように地球のどこかで、温暖化によるとされる気候変動が、人の暮らしに重大な影響を及ぼし、問題を引き起こしています。「備え」にも災害防止やお役立ち品を買いそろえるだけでなく、モノを減らすという視点も取り入れて災害に備えておくことも重要、そう思います。

by AKIO_TAKE | 2019-10-29 23:08 | 防災

かんきょう文化祭2019

今年も11月2日(土)と3日(日)の2日間、横浜ワールドポーターズで開催します! 三連休ですが、お時間ございましたらお気軽にお立ち寄りください。

a0259130_23545967.png

中高生、大学生が環境に対する想いや社会の改善方法、暮らしを設計し直すアイディアを社会へ情報発信する活動。高校生が撮影した写真の展示と投票、古着をリメイクした服の展示とファッションショーなど、若い世代の豊かな想像力がもっと社会的な提案に繋がるよう開催します。

■開催日 2019年11月2日(土)と3日(日)
■会 場 横浜ワールドポーターズ2階特設会場
     https://www.yim.co.jp/access/

〇 11月2日(土) 11時~19時
① かんきょう「組写」フォトコンテスト
「行動をおこしていくきっかけとなる情報を創りだしていく」ことをコンセプトにした写真公募展。17作品が展示され、応募者本人と来場した一般の方たちの投票によって各賞が決定。どなたでも投票可。

② USEDリメイク服の展示
8月に各家庭から出される古着が集まるファクトリーを訪ね、古着のリユース・リサイクルを学んだ後、ファッ ションショーで披露する古着を調達し、その古着で制作された17着のリメイク服を展示。こちらもお気に入りのリメイク服を選べる投票を行います。どなたでも投票可。展示された作品は翌3日にファッションショーとして披露します。

③ カスタムメイド展  
ものづくりの講師&制作者 Kacoちゃんpresents。いらなくなった洋服の端切れや暮らしの中で不要になった モノをカスタムし、ふだん使えるモノに新しく復活再生し た作品を提案、ステージに飾り、披露します。

〇 11月3日(日) 11時~17時
① かんきょう「組写」フォトコンテスト
11月2日に準じます。

② USEDリメイクファッションショー
11月2日に展示されたリメイク服を着用してチアチーム「Livery Stars」中学生有志がダンスを披露。躍動感あふれるダンスをお楽しみください!
1回目 : 13時30分~ / 2回目 : 16時~

③ カスタムメイド展
11月2日に準じます。

④ ワークショップ「アロマボトルの一輪挿し」
土屋図形㈱presents。精油の空瓶に麻ひもや針金を巻いたり、シールを貼ったりしてオリジナルの一輪挿しをつくるワークショップです。参加費100円~200円。小さなお子様にも好評です!
https://mufflers.thebase.in/

⑤ 対バンやろうぜ! 広報
環境問題を解決するためには技術開発や社会経済の仕組みづくりに加え、人々の意識や価値観を更新していくことが大切。音楽の持つ伝達力や共感力で、大量消費社会に対し社会的な提案につながるLIVE「対バンやろうぜ! 2020.03.27」のPRブース。川上真樹 ( http://mackie-i-lands.co.jp/masaki_kawakami.html )のミニライブ&対バンやろうぜ!イメージソングのキーワードも募集します!

⑥ 表彰式 16時30分頃~ 
投票していただいた、USEDリメイク服 と かんきょう「組写」フォトコンテスト 表彰式。即日開票なので主催者もどの作品が賞を獲得するかわからない、ドキドキ、ワクワクな表彰式にぜひ参加を!ご来場、お待ちしています。


a0259130_09354045.png



by AKIO_TAKE | 2019-10-28 23:56 | かんきょうデザインプロジェクト

ぼちぼちと・・

そろそろ、ごも衣替えかな

涼しくなったきたせいか、プラスチック製容器のごみが少なくなってきたかな・・その代わり、片手でいただける軽食の包装紙が多め。
寄り添う、春夏秋冬(最近はあまり感じられなくなったが・・)と「食」。人の無関心によって躊躇なく捨てられるごみだって、季節を知らせる大切な存在。

a0259130_10102250.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-10-27 10:10 | 環境
横浜の海に想いのある人が海の学びの場をつくり、横浜の海を思いっきり楽しむ活動をしている「ヨコハマ海洋市民大学」にお声がけいただき、「ほら。地球のために~エコとは人を愛する気持ち~」をテーマにお話しさせていただきました。

この市民大学が主催する座学の講師陣は各分野のそうそうたるメンバー・・・私なんかでいいのかと怯えと困惑に苛まれながらも覚悟して臨み、なんとか無事に持ち時間を終えることかできました。後日、主催者の方から感想や改善点など、ご指導いただいてより高みを目指します!

a0259130_10282940.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-10-24 22:17 | work

想像力を鍛える

高く晴れ上がった空、まさに秋。
そんな気持ちよい朝に、倫理法人会のモーニングセミナーでお話しさせていただきました。

「ごみ」は人間の無関心がカタチになったもの、をテーマに、廃棄物処理やリサイクルのこれからに、どんな自覚が求められていくのか・・

いま、海に流失するプラスチックが海洋汚染問題としてよく取り上げられ、プラスチックの使用を抑えていきましょう、という運動が活発になっています。
が、アフリカのガーナでは、温暖化や海の砂を大量に摂取した結果、海底地形が変わり、海沿いの砂浜(陸)が波によって削られ、居住場所がどんどん奪われてしまった村がある。そこに住み続けるために、村人は海に浮かぶプラスチックを集めて埋立資材として活用していて、タイヤなどは堅くて大きいので、まさにお宝だ!という価値観を持っている。
また欧米の古着はアフリカに輸出され、安価で手に入ることから洋服の文化が急速に進んでいる一方で、民族伝統の衣をまとう機会が減っていき、それが伝統文化の破壊・損失につながるのではないか、とそんな危惧もされています。

「ごみにしなければいい」「リサイクルは良いことだ」「リユースはどんどん進めるべき」・・確かにその通りではある。
しかし、それは日本で生活している者の視点であって、世界には異なる価値観がたくさんあります。

持続可能な社会を築くには、もっともっと想像力を鍛えることが欠かせませんね。

a0259130_11270924.jpg

by AKIO_TAKE | 2019-10-23 11:27 | work
10月23日(水) 横浜ビー・コルセアーズvs 新潟アルビレックスのハーフタイムでUSEDリメイクファッションショーを行います!
https://b-corsairs.com/news/game_20191023/

夏休みにリメイクした服をまとって披露してくれるのは、チアチーム「Lively Stars」の中学生有志のみなさん。「Lively Stars」は11月3日のかんきょう文化祭のファッションショーにも出演するチーム。2分ほどのステージとなりますが、お時間許しましたら迫力あるプロバスケの試合と共にお楽しみいただければと思います。写真は、2019年8月9日のリメイクワークショップでの1枚。この日に制作したリメイク服の7着を披露します。

a0259130_09084827.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-10-21 11:03 | かんきょうデザインプロジェクト
a0259130_14265418.jpg

11月16日の横浜市消防操法技術訓練会の練習にサポート部隊として参加。
訓練会まであと1ケ月となり、一糸乱れぬ動作になってきました!

a0259130_14271330.jpg


by AKIO_TAKE | 2019-10-20 14:53 | 防災

例年よりちょい早く

インフルエンザの予防接種を終えた
ことしは出現が早いらしいです

追記 小学校では学級閉鎖になったクラスもあるとか・・うがいや手洗い、しっかりとやりましょう!

by AKIO_TAKE | 2019-10-19 22:49 | unclass