春節イベント

2月5日に旧正月を迎えた横浜中華街。
横浜中華街発展会協同組合員として、2月19日まで開催されるイベントのお手伝いをさせていただいています。今日からスタートした娯楽表演初日は悪天候のため、残念ながら中止。あすは大丈夫そうかな・・

2月6日と8日は、組合事業の中でも様々な学びにつながる中華街コンシェルジュが企画・運営する、春節コンシェルジュツアーに参加してきました。

a0259130_22213240.jpg

6日は朝の部として太極拳の体験&朝粥を楽しむツアー、8日は昼の部として獅子舞の伝統を学ぶ&昼食を楽しむツアーを開催。ともに満員御礼で参加してくださった皆様からも高評価を頂くことができました。あとは15日の夜の部、春節のライトアップを楽しむ街歩き&年菜を楽しむツアーを残すのみ。

春節2019のイベント情報は → 横浜中華街春節2019

a0259130_22215510.jpg


# by AKIO_TAKE | 2019-02-09 22:22 | unclass

割と楽しみ

前払いだけど24時間で300円のコインパーキング
30分で400円のコインパーキングもある
1日上限1200円というコインパーキングもあり
アルバイトの単価より高いコインパーキングもあったり

移動手段が公共交通100%(あっタクシーも極たまに使いますが・・)ライフなので、街中のちょい不便なところで「おーここにも駐車場があるぞ」と、価格差にビックリしながら、土地代の違いかな、運営形態の違いかな、設備代の違いかな、地域差かも、等々で脳を活性化できることが割と楽しみな日々。

a0259130_23173420.jpg

# by AKIO_TAKE | 2019-02-07 23:18 | unclass

家路へ

きょうも おつかれさまでした
寒暖差が激しい週後半となりそうです 
ご自愛ください

a0259130_18414850.jpg

# by AKIO_TAKE | 2019-02-06 18:42 | unclass

タッチの差の年内立春

今日の横浜は、春がフライング気味にやってきた~って感じの陽気でした。
旧暦では新年を迎える前に立春が来ることを年内立春といい、2019年は旧暦の大晦日(2/4)が立春。タッチの差。

a0259130_22184251.jpg



# by AKIO_TAKE | 2019-02-03 22:19 | unclass

春色ちらほら

みーんな、お日様に向いてる 

a0259130_17093633.jpg
ここで読書したい そんな悠長なこと言ってられないけれど笑

a0259130_17105822.jpg
鳥の声にも朝の感じがつよく溢れていた 黄色の効能

a0259130_17173504.jpg







# by AKIO_TAKE | 2019-02-02 17:17 | look/gaze

自分自身を表す音楽

a0259130_23092966.jpg

人格、歴史、価値観など、かなり幅広にメタル脳を解析。
しかし、中野信子さんがヘヴィメタルをお聞きになっていたとは、ちょっとビックリ!
第1章の「私を救ってくれたメタル」では、私の人生にも身に覚えがあるぞと感じながら、また「なんで、ヘヴィメタルを聴き続けているのかな」と自問してもちゃんと答えられないことを代弁してくれているので、のっけからパワー全開で一気に読了。「そう、そう、そう」と頷きどころ満載(私にとっては)!

2015年にケンブリッジ大学の研究グループも、感情移入しやすい人はR&Bやソウル、アダルト・コンテンポラリー、ソフトロックなどの「メロウ」な音楽を好み、論理的な考え方をする傾向にある人は、パンク、ヘヴィーメタル、ハードロックなどのより「激しい」音楽を好む傾向にあることが分かったと、発表しています(参考:HUFFPOST)。「人は、自分自身を表す音楽を選ぶようです」という研究発表は興味深いですね。

・人は自らの精神状態を表現してくれる音楽を求める
・孤立してもいいという安心感を与えてくれた
・人間の生存戦略は「社会性」をつくること
・メタルを聴くと「ウソっぽいこと」を見破れる
・社会通念を打ち破るメタルの存在意義
 and more

※2/3に追記、タイトル修正、編集し直しました。


# by AKIO_TAKE | 2019-02-01 23:09 | book

中小の強み

国内市場が成熟する中で、これまでと同じ売り方では中小企業の経営は立ち行かなくなる。これまでの売り方を捨て去り、新たなチャレンジを繰り返しながら、堅調な経営を続ける中小企業を取り上げた「売り方を5回変えて生き残ったジーンズメーカー」という記事が日経ビジネスweb版に掲載されていました。
旧ボブソン、ビッグジョン、エドウィンなど、若かりし頃にジーパンショップで見かけた懐かしいメーカー名が目に留まったこともありますが、読み進めていくうちに中小企業の特徴である「即断即決・小回りが効く」を最大限に活かした経営手法であることが窺える記事です。

この記事で参考になったのは、売り方を変えたら、その都度、売り方に意志を装備させていること。ごみ処理関連の仕事でも公的・許認可事業の色合いが濃い事業分野では売り方を変えるという必然性は低いので、こうした観点からは、恵まれた環境下であると定義できると思います。しかし、これからも恵まれた状況が続いていくのかどうか・・続いていく可能性が高いとしても先々のことは誰にもわかりません。逆に、「なにも変えなくてよい」状況が続くのなら、それは恵まれていると捉えられますが、関心ごとの溢れる時代に、固定化した状況は満たされた状態と言えるのかどうか。売り方=仕事として定義したとき、固定化という状態は、もし満たされない状態に陥ったら、意志の継続を保持するのに膨大なエネルギーを必要とします。

こちらは変わらなくてもいい環境下にあっても、得意先や社会がその状況におかれることが許されないとしたら、得意先や社会の要請に応えられるのかどうか。
そんなことを検証するきっかけの記事として読み終えました。

a0259130_22551918.jpg
写真と投稿の関連はありません。デジカメ、横に振ってみましたというだけです、あしからず。

# by AKIO_TAKE | 2019-01-31 22:56 | work