人気ブログランキング |

ファクトリーツアー

環境問題は色々な要素が絡むことから、関心を持つことが難しいと言われています。しかし、「人は気づいた範囲では最善を尽くしている」と言われるように、「気づき」を得られれば、環境に対しても人々の「無関心」を「関心」へと導くことができます。

そして、環境問題は「人間の活動が原因」と言われています。これは、自然現象が原因なら人間は何もできませんが、人間が原因なら人間が解決できる、ということです。人間の活動が原因ならば、それは希望の光です。

今日は、ひとりひとりが解決に向けて行動できるように高校生、大学生と一緒に、家庭から集められる古布の選別工場を訪ねてきました。

古布のリデュース・リユース・リサイクルを学び、11月のかんきょう文化祭で披露するリメイク服の古着を調達しました。

あす、8月9日は調達した古着をリメイクするワークショップです。10時から15時くらいまで、シルクセンターB1(http://www.silkcenter-kbkk.jp/)で行っています。どなたでもご覧いただけるので、お時間あれば、ぜお立ち寄りください!

http://kankyo-design.org/fashionshow

a0259130_21172471.jpg


# by AKIO_TAKE | 2019-08-08 21:17 | かんきょうデザインプロジェクト

アップサイクル広場

昨年好評をいただいた「アップサイクル広場」を今年も開催!
2019年9月28日(土)、29日(日)の2日間、時間は13時~17時、会場は「横浜ワールドポーターズ 2階」です。

ウェブサイト http://kankyo-design.org/upcycle-02
事前予約等は不要です。直接会場へお越しください! 少し早い告知、スケジュール帳にチェックをお願いします。

a0259130_23414936.jpg


# by AKIO_TAKE | 2019-08-06 07:38 | かんきょうデザインプロジェクト

対バンやろうぜ! 

国境や世代を超え感動を伝えることができる音楽でたくさんの人に伝えたい!
今こそ環境問題に立ち向かえるのは君の声、音楽。

参加者募集中の 音楽×環境「対バンやろうぜ!」のフライヤー(A4 両面)が完成!

応募期間は9月15日まで!
申込フォーム http://kankyo-design.org/music_live

a0259130_23271021.jpg
a0259130_23275046.jpg



# by AKIO_TAKE | 2019-08-05 23:27 | かんきょうデザインプロジェクト

ぼちぼちと・・

今朝の中華街は圧倒的にたばこの吸い殻が主役・・そして気になるのが、たぶん火を消さないでポイ捨てしているのでは、という吸い殻の多いこと。フィルターまで焦げ跡の残る吸い殻が目立ちました。またポイ捨て場所比率は排水溝周辺が多い。ここは街づくり団体などの協力をいただきながら啓発、改善に取り組めそうです。

a0259130_11072180.jpg
店舗のごみが収集された後の街の風景は、その地域を収集する廃棄物処理業者の事業意識レベルを推測してみたり、街方の清潔保持意識を自問と検証することは可能かもしれません。勿論、営業を終えた店舗がごみを出す様子から収集が行われるまでを動画で撮影しているわけではないので、全容は不明です。従って、推測の域をでることはありません。しかし、街方が推測・自問できる足跡はされています。

a0259130_11193857.jpg
ビルとビルの間のごみ、忘れてはならぬ存在。

a0259130_11215585.jpg
中華街から元町商店街に向かう橋。歩道と道路の境目に溜まる吸い殻の多さにちょっとびっくり。
ぼちぼちと・・これからも気づいたことを投稿していきます。

a0259130_11253081.jpg



# by AKIO_TAKE | 2019-08-04 11:25 | 環境

リサイクル出前講師

どの地域でもにぎやかに夏祭りが行われている中、18時30分から20時まで、わかりやすいゴミの分別方法をテーマにリサイクル出前講師をさせていただきました。
会場は、横浜市旭区の旧ひかりが丘小学校内に開設されているコミュニティハウス。この小学校は平成23年4月に閉校となりましたが、地域の方々の身近な生涯学習や地域活動の場として跡地利用されています。

いつも通り、まずは分別体験をしていただき、正しく分別されいるか、なぜ同じ紙なのに5種類(新聞・雑誌・ダンボール・牛乳パック・その他の紙)に分けなければならないのか、そもそも分別の目的を地域で共通認識できているかなど、18名の地域のみなさんと確認。

いつでも、どこでも簡単にできるリサイクル出前講師 ご用命お待ちしています! 色々なお悩みのご相談に応じます。
連絡先 office@takematsu-design.com

a0259130_10483014.jpg


# by AKIO_TAKE | 2019-08-03 23:29 | work

ごみ処理問題って・・⑤

ごみの処理の方法は、その国の生活習慣や価値観、国土形状、自治体構成の違いなど様々です。ただ、ごみを処理するに至った原因は地球上どの国も共通しています。それは、自然界では処理しきれないほどのごみを人間が出すようになったから。

だから、人間自ら、ごみを処理するのは当たり前のこと。
だから、出したごみはきちんと捨てることが、まず第一義。
こどものとき、「出したおもちゃは片づけなさい (自分だ遊んだものは自分で片づけなさい)」と親から注意された、それと一緒です。

「地球に残された時間」という本を再読中です。
序文に、~ 英国政府主席科学顧問のジョン・ペディントンが「世界は2030年には、食糧不足・水不足・高い石油という多重の脅威に直面しているだろう」と述べた。この展開に加速する気候変動と国境を越えての大量の移民が合わさって大動乱につながるだろ ~ と警告する一文があります。

この一文に続いて、~ 異国の持続可能な開発委員会の前委員長ジョナサン・ポリットはガーディアン紙に「ペディントンの分析に賛成するが、タイミングが違っている」と書いた。彼の考えでは、その危機は「2030年よりもずっと2020年に近いタイミングで襲うだろう」というのだ。彼はそれを「究極の不況」と呼んでいるー回復することのない不況かもしれない、という意味だ ~ (~・・・・・~部分 本文からの引用です)

序文から、なんとも背筋の寒くなる警告を読まされます。

だから、ごみはごみ箱にきちんと捨てよう。現在の日本のごみ処理体制に異論があるとしても、ごみはポイ捨てせず、きちんと捨てよう。

ごみを捨てることなんて、簡単なことです。難しいことはなにもないです。

a0259130_13382836.jpg


# by AKIO_TAKE | 2019-08-01 13:39 | 環境

きちんと捨てること

レジ袋の大手生産メーカー福助工業㈱のパンフレット「もっと知って!!レジ袋の本当」。
サブタイトルは、~レジ袋はもういらないの?~、という、なんとも切ないフレーズですが、水にぬれても破れない・伸縮性があるので商品を多く入れられる・家庭の包装材、ごみ袋として再利用できる・廃棄され焼却される場合は助燃剤の役割を果たし、燃料の節約になる、などの有用性やレジ袋ができるまでの工程などが簡潔に、7~8分で読み終えられ手軽にレジ袋を知ることができます。

調査日が2007年と古いのですがレジ袋に関するアンケートも掲載されています。今から12年前のデータですが、当時からメーカーとしてなにかしらの危機感があったのかもしれませんね。

コンビニで買い物した時は私もレジ袋をもらってしまいます。なので家では新聞からつくったレジ袋ストッカーに突っ込んで、二次利用に励んでます。

さて、福助工業㈱では、レジ袋からレジ袋を作り出す「レジ袋toレジ袋」リサイクルシステム ( http://www.fukusuke-kogyo.co.jp/eco/regi.html )を稼働させています。どれくらいのレジ袋が回収され、どれくらい再商品化できて、どんな用途に利用されているか、という数値的なものや説明が見当たらないのですが(見落としていたらスミマセン)、メーカーとして、このような工夫にも取り組んでいるのですね。

海洋プラスチック汚染問題でなにかと汚染のレッテルを貼られがちなレジ袋ですが、包装資材としてつかった人間が、きちんと二次利用したり、捨てていればなんの問題もありません。つかった者がきちんと処理をするという態度や行動を優先する。処理技術や制度に解決策を求めているだけでは、やはり片手落ちのような気がします。リサイクル出前講師ではきちんと処理することを心がけていただけるように、かんきょう文化祭では新たな再利用方法を探すプロセスを通して「ごみ処理」に関心を持っていただけるよう、それぞれ務めていきたいと思います。

a0259130_19134274.jpg

# by AKIO_TAKE | 2019-07-31 19:23 | 環境