人気ブログランキング |

がれき処理

a0259130_13224145.jpg

東日本大震災で発生したがれきのうち、埋め立てやリサイクルの最終処理を終えているのは全体の5%に留まっている、けさのニュースでそんな現状を伝えていました。今年になってから、ようやく都道府県の知事さんからも震災廃棄物の広域処理を受け入れる前向きなコメントが少しづつながら聴こえてくるようになりました。

一方で、このがれき処理は法律や規制条例の運用、解釈をめぐって、また、受け入れ先の住民のみなさんの放射能に汚染されているかもしれないという不安から、すんなりと解決を見ることが困難な問題です。

震災からまもなく1年です。この間、日本国中から支援の手が差し伸べられ復旧が進んでいる事柄もあれば、残念ながらがれき処理のように思うように進まず、淡々と時間だけが経過してしまう悩ましい現実が横たわっています。このがれきの中には、津波によって流された日用品がたくさん含まれています。さっきまで使っていたまな板やこたつ、テレビ、そして思い出の品々・・・。
(したがって、"ごみ"や"廃棄物"、"がれき"と表現するのは心苦しいのですが。)

突然の自然災害によってもたらされた膨大ながれき。このたびの自然災害は目には見えない放射能の汚染という、専門家と言われる人たちでさえ、どう対処して良いか判断のつかないものが重なっています。だから、広域処理をしようにも遅々としてはかどらない。けれども、受け入れ先とされる住民だってなんとか協力したい、できることはあるはずと解決策を模索しています。

がれき処理については、これからも事態がすぐに変わることは無いでしょう。ただ、直接的ではなくても横浜に居ながらがれき処理に携わることはできると思います。推測数量ながら、また、対象データによっても数値が異なるのですが、宮城県だけでも、約19年分のごみに相当するがれき量とされています。(福島、岩手を含めれば、もっと膨大な量となります。)
あの1日に、日本全体の年間ごみ量が突然増えたことになります。それが1年たって5%しか処理が進んでおらず、これからも長い時間かけて処理をしていかなければなりません。

環境省によると、年間一人当たりが出すごみ量は400㎏とされています。この400㎏の10%でもいいから、ごみを出さないようにする、リサイクルにもっとまわすようにする。日本の津々浦々で、ごみ減量を実行していく。それだけでも日本全体のごみ量はだいぶ減らすことかできます。量だけでなく、ごみを処理するお金も節約できます。

被災地は外国ではありません、日本での出来事なのです。国で処理をしろということは、税金で処理をするということです。例え、僅かであっても、ごみを減らす工夫をして、ごみの量も、そしてお金も節約することができる。そんなことも出前講師をさせていただく際に問いかけ、いろいろな意見を拝聴したいと思います。

撮影:2011年11月4日 石巻の街中にて
# by AKIO_TAKE | 2012-02-22 18:22

転換期

a0259130_17424752.jpg

リサイクルの出前講師を行うようになって10年が経ちました。学校や市民団体、そして企業といろいろなところでお話をさせていただいてきました。たぶん、10年前と比較して伝え方も少しは進歩しているだろうし、伝える言葉の選択も変わっているはずです。

(はずです、と言うのは他者からの評価ではないので、恐らくそうであろうと勝手に思っているだけです、あしからず・・。)

社会的な要請もあって、環境問題への関心度合いもだいぶ高まってきたなぁと実感しています。雲泥の差、大袈裟じゃなくて、本当にそう感じています。以前にも書きましたが出前講師をした後の市民からの質問も、かなり専門的な内容が多くなっていますし、企業などでは、リサイクルや廃棄物処理の現場に身を置いてきた者よりも、はるかに詳しかったり、また、詳しいだけでなく解決策も持ち合わせていたり、どっちが講師の立場なのか判らなくなるような場面に出くわすこともあります。

また、男性は知識の側面から、女性は行動力でと、環境問題の関わり方も男女の差異がハッキリと見て取れて、出前講師を行う際にも参考にさせていただいています。

10年一区切りと言います。この10年の間で、私の話を聞いて下さる方の何を変えられたのか、何ができたのか、ちゃんと自分自身の言葉で話せていたか。そうしたことができていれば、自分の血肉になっているはず。
どうなんだろうか・・・。
自分への疑問を確認する術は無いものか。昨日からは、そんなことも考えながら話をするように心掛けています。
# by AKIO_TAKE | 2012-02-21 06:42

横浜税関と神奈川県庁

a0259130_22494615.jpg

きのうの焼き直しのような1枚で恐縮ですが、朝のウォーキングをしているときに視界に入ったので投稿させていただきました・・・。
# by AKIO_TAKE | 2012-02-20 07:49

錨と横浜税関

a0259130_1811421.jpg

きょうも横浜はひんやりとした空気の漂う一日でした。二十四節気では、空から降るものが雪から雨に変わるとされる「雨水」の頃。まだまだ冷える日もありそうですが、一雨ごとに、ちょっとづつ春がかさなりあってくるころになりましたね。
# by AKIO_TAKE | 2012-02-19 18:10

ひと山越えました

a0259130_16181685.jpg

通う中学校と受験校から、あたたかい配慮をいただきながら、うちの次男君、なんとか受験できました。いろいろな方のお力添えに感謝です。あいにく体調万全でなく、本人も心残りだとは思いますが、運は誰にでも平等にやってくるので、また力を発揮できる時がくるでしょう!!
(その運をつかむ実力を蓄えなければなりませんが・・・。)

それにしても今日も気温はあがらず寒い1日となりそうです。
# by AKIO_TAKE | 2012-02-18 16:27

こりゃ、まいったぞ

a0259130_20364948.jpg

あすは次男の高校受験日・・・ですが、1月下旬から体調が下降線をたどり、ここ数日は熱が下がらずに本人も悔しい思いをしながら、なんとか、乗り越えようと気力を振り絞っている。ガンバレ!!
しかし、次は長男が突然の体調不良に陥り、ただ今夜間救急病院にて診察中、ちょっと苦しそうだ。
とにかく早い回復を祈りながら、てんやわんやな日々を送ってます。そんな訳で、恐縮ながらしばらくブログの更新をお休みさせていただくかもしれません。m(__)m
# by AKIO_TAKE | 2012-02-15 20:44

成長期の果て

a0259130_16572357.jpg

不法に投棄された産業廃棄物を自治体が片付ける費用の最大60%を国が財政支援する「産廃特措法」の延長が、本日14日に閣議決定され、いまの国会に提出される事が決定されました。

不法投棄された産業廃棄物は捨てた業者が処理することが原則なのですが、業者が倒産などをしてしまって、そのまま放置されるケースが社会問題となり、平成15年に成立した時限立法です。

これまで14件の支援が行われていましたが、この期限が来年3月と迫る中、処理が完了しているのは4件にとどまっていました。そうした状況から、ここ数年、期限を延長して欲しいとの要請が自体体より寄せられていて、これをうけて平成35年3月末まで10年間延長するようです。

この特措法の対象となる産業廃棄物は平成9年以前のもの。人と同じものをより早く、より多く持つことに躍起になっていた大量生産、大量消費、大量廃棄のかつての成長期の果てに策定された特措法。循環型社会構築への転換期にのこされた負の遺産・・・

昨年の自然災害による環境汚染とは異なり、意図的に環境が汚染されるのをわかっていながら、その状況を見過ごしてしまった功罪・・・。いまでこそ、環境関連のお仕事は人気のようですが、だとするなら尚更環境関連の仕事に従事する者は、もっと謙虚に、産廃特措法を策定せざるを得なかったプロセスに正面から向き合うことも大切なことではないでしょうか。自分を振り返って、そんなことを考えさせられるニュースでした。
# by AKIO_TAKE | 2012-02-14 19:39