今夜のBS-TBS「週刊報道LIFE」で太陽光や風力などの自然エネルギーを主力電源化と明記する一方、原子力発電を従来通りの重要なベースロード電源と位置づけて2030年度の発電割合を20~22%に据え置いた、エネルギー基本計画を取り上げていました。
海外では自然エネルギー施策がどんどん進められていく中、発電や設備などに関して高い技術を誇る日本はいまや再生エネルギー後進国として認知され、海外展開する再生エネルギー事業の参加もイニシアチブを得るには程遠くなっていくのでは、という見解を示していました。

番組内で心象に残ったのは、日本初の総合的な原子力政策「原子力開発利用長期計画」の作成に加わり、原子力委員会委員長代理なども務めた、故伊原義徳氏のインタビュー。日本には、国民性という単純なものなのか、それとも複雑な経緯がそうさせているのかが定かではないが「プロジェクト不滅の法則」というのがあり、一旦始めたらやめないという不文律が存在し、それが決断の機を失しているのではないかという言葉。

行政の担当者は2~3年で変わっていき、「なんで私が前任者の仕事について判断しなきゃいけないんだ」という決断や変革を行政はしない・できないという一面が中途半端な施策を蓄積させてしまう致し方ない現実もあり、国民のフォローが欠かせなくなっている。であるならば政治判断で決断をすればよいことだが、もはや政治も複雑に絡み合った施策を解きほぐす力量も時間もなく、黙って見送ることが美意識として定着しつつあり、一方的に政治判断してほしいという、というのはもはや酷であり徒労感が残されてしまうこともあり得る。
となればあとは私自身がもっと勉強して勇気をもって投票することが、ひとつの施策を終焉させ、新たな施策を前進させる唯一残された方法。
このまま原発をベースロード電源としてエネルギー施策を進めた場合、やはり気になるのが設備維持、点検、そして使用済み核燃料の廃棄などのコストをどれくらい負担すればよいのかという点。また自然及び再生エネルギーだって色々な課題はあります。しかし、エネルギーは生活には必要不可欠なもの。

よくわからず、難しく面倒なことも多いエネルギーの事、だけど次の人の事を考えるチカラを放棄することは避けなければなりません。エネルギーの専門知識を持たれていらっしゃる方を探して、学びを深めていかなきゃと思うインタビューでした。

猛暑が続きます、電力需要もウナギ上りの2018年夏です。

a0259130_23454353.jpg



[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-15 23:46 | look/gaze

街の変化と防災活動

a0259130_13565932.jpg
「消防団とは、普段は本業の仕事を持ちながら、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょ活動などを行う市町村の消防機関の一つです。また、災害発生時だけでなく、平常時においても、訓練のほか、応急手当の普及指導、住宅への防火指導、特別警戒、広報活動など、地域における消防力・防災力の向上や地域コミュニティの維持・振興において重要な役割を担っています。(横浜市消防局より抜粋)」

というわけで、昨晩は消防団の分団会議と消防用ホースの延長、結合そして撤収の訓練をしました。
横浜市は18の行政区がありますが中区を除く17区は各区を管轄する消防団として活動し、中区は伊勢佐木・加賀町・山手と3つの区域に分けているので現在横浜市には20の消防団があります。私は加賀町消防団第2分団(関内※)に所属しています。

現在の横浜市役所を担当区域とする第2分団は横浜の行政やビジネスの中心地であり、華やかな飲食の街として知られていましたが、近年はその特徴を残しながらも居住者も増えて街の様相も変わり始めて久しいです。20年前と比較して火災の発生件数も減少していますが、それは夜の街としての活況具合がだいぶ落ち着いていることに比例しているように感じます。建物にも寿命があるように、街だっていつまでも同じ状態が未来永劫続くわけではありません。消防団という視点からみても年末の警備の街の様子や活動区域で開催される行事の参加者、観覧者数の変化は顕著です。

居住者が増えているとはいえ、では新たにこの街に暮らす方が地域活動を行っている消防団に入団してくれるのかと言えば、やはり世の中はそんなに甘いものではなく、(一応定員があるので)各消防団に課されている充足数を満たすだけでも一苦労。担当分団区域に居住していなくても、勤務地があれば勤務団員として加入できますが、そうした方たちが活動しやすい環境施策を整備したり、冒頭に紹介した消防団の定義や企業とのかかわり方について色々と試行錯誤してみる課題が残されているのが現状です。街の様相も変化していくわけですから、(特に都心部の)消防団の活動について工夫が求められていると思います。

関内※→中区の区域のうち、 相生町、太田町、尾上町、海岸通、北仲通、新港一丁目、新港二丁目、住吉町、常盤町、日本大通、弁天通、本町、真砂町、港町、南仲通、元浜町、横浜公園

a0259130_14465159.jpg

[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-14 14:47 | 防災

せつない

私が住まう場所から徒歩30分圏内では高層マンションやビルの建設ラッシュ。
この度の災害で街の再建が危ぶまれる中、必死に復旧活動をする街の人々の様子を聞くたびに、なんともクレーンタワーがせつなく映ってしまいます。

被災された皆様、どうか心を強くお持ちいただき、一日も早い復旧と、皆様が日常の生活に戻れるよう、お祈りしております。今は何のお手伝いもできず、歯がゆい思いです。


a0259130_17485661.jpg

[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-13 17:51 | 防災

心痛をこえて

西日本豪雨の被災地では深刻な水不足がおきています。自然災害には必ずついてまわる水不足。生活用水、トイレの洗浄水など梅雨明けしたばかりの高温に衛生状況が気になります。計り知れない不安を抱えて頑張っている被災地の皆さんの1日もはやい健康回復を祈りつつ、好天が続く横浜でもできること、すべきことはあります。直接的な支援がいまはできなくても、あすは我が身と捉え、被災地の皆さんが直面している現状を知り、自分事として知識・知恵を蓄えることはできます。

人には想像する力が備わっています。折角持ち合わせている力ですから大いに活用した方が良いはずです。そうした活用をすること自体が被災者皆様へのお見舞いにもなりますし、災害に強い人材育成にもつながると思います。

避難所におけるトイレの確保・ガイドライン ↓
http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/pdf/1604hinanjo_toilet_guideline.pdf
災害時のトイレ ↓
https://www.facebook.com/saigaizinotoile/

[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-12 11:56 | 防災

防災を高める習慣行動

埋め立て地の横浜臨海部。
地形の確認や災害時の身の安全を確保できるよう、避難誘導板に気づいたら立ち止まって確認してみる。防災を高める行動が習慣となるように、わずかな時間でも視線を向け、意識の中に取り込むようにしています。


a0259130_09232010.jpg


[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-11 22:26 | 防災

避難と生活情報

a0259130_21372197.jpg

SNSから届く画に言葉を失います
どうか1日もはやく水や必要物資が届きますように
避難と生活情報 https://news.yahoo.co.jp/story/1009



[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-10 21:38 | 防災

見識

a0259130_15053711.jpg
国会議員の定数増
見方によっては政治の見識が問われる課題
今一度、私なりに事の経過を見直してみます


[PR]
# by AKIO_TAKE | 2018-07-09 23:29 | unclass